1: 名無し
今、「ニートの高齢化」が問題になっている――。15歳から34歳までで家事・通学・就業をせず、職業訓練も受けていない「ニート(NEET)」は、長く社会問題となってきた。
2002年以降、34歳以下のニートは60万人前後で推移しており、近年は横ばいからやや減少傾向にある。
.
ところが、総務省の2016年の労働力調査によると、35~59歳の“中年ニート”は123万人と、34歳以下のニートの2.2倍で、増加傾向にあると報道された。
取材を進めると、中年ニート増加の背景にはさまざまな問題がはらんでおり、34歳以下のニートよりも深刻な実態が浮かび上がってきた。“中年ニート”から脱出しようともがいている斉藤晃さん(45歳・仮名)に話を聞いた。
.
「10代の頃からアパレル業界で働いていました。有名なショップでも働いていました。知識も身につけながら若いうちから働いていたこともあって、業界でも顔が広いほうだったんです。
いくつかの店を転々としていましたが、10~20代はアパレル業界で身を粉にして働いてきました」(斉藤さん。以下「」内同)
.
斉藤さんは30代になった頃、人生の転機が訪れた。
.
「30代になると、ファッションブランドを作りたいと思って、そのための資金が欲しかったんです。ショップで働いてもらう給料だけではなかなかお金が貯まらなかったので、アパレル業界からいったん離れ、歌舞伎町で風俗のキャッチを始めたんです。
こちらの仕事も性に合っていたようで、月60万円くらい稼ぐことができました。ところが、こんなに稼ぐと、ろくでもないことにお金を使うようになってしまって……。毎晩のように飲み屋に行って、結局、資金を貯めたいという目標は忘れ、散財ばかりしてしまったんです」
.
不規則な生活とお酒の飲みすぎがたたり、アルコール中毒になり、吐血もあり病院に入院することになったという。その前から友人の部屋に住まわせてもらっていた斉藤さんだが、この入院を機に職を失い、退院後には住む場所も失いホームレスになったという。

以来、40代前半まで都内の公園を転々とするホームレス生活が続いた。
.
「昨年、幼なじみが風の噂で私のことを聞いたようで、都内のあちこちを探してくれたんです。偶然、ある公園で寝泊まりしているところを見つけてくれて、ホームレスを抜け出せるよう、力を貸してくれたんです。おかげで生活保護を受けられるようになり、家賃5万円台の1ルームアパートに住み、6万円弱の生活費でやりくりしています。今は何とかホームレス生活からは脱却できました」
.斉藤さんは現在、社会復帰を目指し、お金をもらわずに通販事業をやっている知人の会社を手伝っているという。
.
「社会でコミュニケーションをとりながら、電話番をしたり、発送業務などの事務作業を手伝っています。週6日、11時から19時まで作業をしています。いずれは生活保護を脱却できるよう、しっかりと給料をもらえる仕事につきたいですね」
とはいえ、仕事への意欲はあるものの、今も昼からお酒を飲む生活は変わっていないようで、これでは就職できるかは未知数。社会復帰にはまだ時間がかかるかもしれない。
.
20~30代でまだ若ければ再就職する道もありうるが、30代後半や40代以上にもなると、よほどのキャリアがない限り再就職は非常に難しいのが現実だ。結果、親に依存した実家暮らしをし、ニートから引きこもりへと悪化してしまう──。これが“中年ニート”の事態を深刻化させている。
.
このような“孤立無業者”が増加すると、日本の社会的コストの増大は計り知れないという指摘もある。また、仮に結婚している人だと、失業などで安定収入が途絶えると、家族全員が悲惨な事態になりかねない。“中年ニート”の問題はまだまだ山積している。

配信 2017年7月31日 19:00
マネーポストWEB

6: 名無し
生活保護に関する総務省の公式資料。
【基礎知識】平成26年8月1日時点
平成24年11月時点の総計:約215万人
被保護人員数総計:187万人(H23)
被保護世帯数:149万世帯(H23)単身75.7%
保護費総額3兆 6,028 億円(H24年度)
<内訳>
高齢者世帯:63.6万世帯(H23)単身89.6%
障害傷病者世帯:48万世帯(H23)単身79.8%
母子世帯:11.3万世帯(H23)
その他の世帯:25.3万世帯(H23)単身66.8%
不正受給件数:約3.6万件(H23)←これが問題
平成23年度不正受給総額約173億円←これが問題
>>1件当たりは減少
生活保護対象在留資格保有者数(全ての外国人が保護対象とされている訳ではない。H24年。減少傾向とされる):135.6万人
韓国・朝鮮:46.7万人(34.4%)(H23)
中共・台湾:28.7万人(21.1%)(H23)
フィリピン:18.4万人(13.5%)(H23)
被保護外国人世帯数(H23):約 4.3 万世帯
被保護外国人数:7.3万人(H23)
外国人保護率(外務省:35.1‰/総務省:53.4‰)
より出典。
※これは上記被保護人員数総計に含まれる。外国人特別枠では無い。
【追加版基礎知識】
生活保護に関する実態調査(総務省の公式資料)

>※「不正受給事案の標準処理期間の設定及び迅速処理を指導」(1ページ目)

50: 名無し
>>1
定期的に底辺に最底辺を叩かせる記事が建つね

嘘くさい。ほんとに取材してるのかな?

59: 名無し
>>1
自業自得

自分が悪いだけ。

81: 名無し
>>1
底辺を叩かせる創作のネタやろうな
別に酒を飲むのは一向にかまわないよ

>お金をもらわずに通販事業をやっている知人の会社を手伝っているという
これは法に触れるだろ

116: 名無し
>>1
生活保護の申請窓口を警察にして、健康診断と薬物検査を義務付けろよ。
アル中や薬物中毒が判明したら、その場で適切な施設に
収容しろよ。

139: 名無し
>>1
働けるのに働かず、生保を受給している奴らを即刻逮捕し、強制労働の刑にすればいい。

380: 名無し
>>1
の事例って全く現実とそぐわない上に、作り話にしか見えない。

832: 名無し
>>1
通販事業から金貰ってるだろ?ナマポ切られないように黙ってんだろ?

844: 名無し
>>1
やっぱフードチケット制だな

5: 名無し
東朝鮮人への生活保護やめろ

951: 名無し
>>5
ほんこれ 甘やかすから調子こく遺伝子

7: 名無し
団塊ジュニアか?

405: 名無し
>>7
ガムシャラ団塊世代のしわ寄せなのかね?
自分の周囲の団塊ジュニアは成績優秀一流企業コースを厳しく要求された人が多いし、優秀レールから外れた後は道が無くなってアルコールや自堕落な生活に溺れて這い上がれないのがこの世代に多いのかもしれないね

8: 名無し
 
やめられないなどという事は無い

やめる気が全く無いのである

13: 名無し
朝日記事、これが全て

15: 名無し
日本語に訳すと、当局は対策とる気ないよ、かわいそうになあ(ちゃんちゃん)

16: 名無し
弱者が弱者を叩く美しい国日本

58: 名無し
>>16
ナマポや公務員は弱者だろうか?
寄生虫の間違いでは?

17: 名無し
ニートは無理して働く必要ないよ
ニートできる経済基盤があるならニートしい
ただ老後の設計はしとき

26: 名無し
>>17
ここでは社畜がガス抜きで叩くけど

世間の本音はそんなもんだからな

23: 名無し
パチ○コしなきゃどうでもいい

24: 名無し
アメリカのフードスタンプにすれば万事解決
タバコも酒もギャンブルもできないようにする万事解決

25: 名無し
週6、8時間もタダ働きとかありえねーよ
絶対給料出てるべw

つかこんなけ働けて就職できるかは未知数とか記事書いた奴もアホか

55: 名無し
>>25
俺も多分給与は出てると思うわ
たぶん生活保護もらうため無給ということにしてるだけじゃね?

94: 名無し
>>25
申告できないんだよ
申告するとナマポ貰えなくなる

37: 名無し
生活保護で甘やかすからダメ
刑務所の刑務作業をさせろ