1: 名無し
俺の友人に東京消防庁の消防士と地元交番の警察官がいて、お互いにとても仲が良い。
そんな友人達の話なんだがこのまえ久し振りに会って居酒屋で三人で飲んだんだ。

消防「この前現場があってさ、親子が三人仲良く川の字になって黒コゲで死んでんだよ。
   良く火事になったら落ち着いて逃げましょう、なんて言うだろ?それは不可能なんだよね、
   ガス吸うとまず体が動かなくなるわけ、意識のある中でジワジワと焼かれていくんだ。だからきっついんだろうな・・・」

警察「署で聞いたな、その事件放火じゃなかった?
   ひでー事しやがる。最近俺も仕事で行ったよ現場。駐車場で練炭自殺があってさ。
   マジやっぱりおっかねえ、練炭なら苦しくないなんてのは大嘘らしい、顔が変だったもの」

俺「少し前硫化水素なんてのも流行ったな」

消防「あれも駄目、あっさり死ねるなんて大嘘、ガスマスクしてないと不味い実際緑色に顔変色して苦しみもがいて死ぬから」

警察「それも聞いたな、ここらで流行ってるよな最近まあ確実なのはやっぱり縄で首吊りだな。
   それも誰にも発見されないように樹海で」

俺「こえー話すんなよ、まるで完全自殺マニュアルみたいじゃねーか」

消防「馬鹿言うなよ(笑)」

そして別れたあと、警察の友人から電話がかかってきた。

「おい今日の話は誰にも言うな」

結構真剣な口調だった、いきなりの事でで全く意味が分からない。
それが何だか怖かった。

3: 名無し
>>1
??

6: 名無し
>>1
消防士がやべーやつだったのは覚えてるけど、読んでもどこがヤバイのか分からん…

22: 名無し
>>6
 消防士が犯人(死ぬ状況を明確に把握している)
→察知した警察が餌(樹海で自殺)をまく
→警察<ひょっとしたら逮捕できるかも

2: 名無し
忘れた

4: 名無し
昨日は山へ足を運んだ
今日は海へ足を運んだ
明日はどこへ行こう
俺は頭を抱えた

265: 名無し
>>4>>202の関連やな

5: 名無し
長い

11: 名無し
黒こげの死体なのになんで緑色に顔変色してたってわかるんですかねぇ

14: 名無し
なんかもう意味怖見すぎたのん
新しいの欲しいのん

25: 名無し
友達と二人で話してたら、
久しぶりに心霊写真を撮ってみたいと誰かが言い出したので、
近くの山道に惨殺事件があってからも
未だに取り壊されず残されてた民家があるので夜中に行ってみた。
玄関から居間、風呂場とトイレ、キッチンに父親の部屋、階段から二階へ行き、
子供部屋からベランダ、母親の部屋、階段を降りて一階へ。
最後に家をバックに一人ずつ。片っ端から写真撮って帰った。

んで今日。出来上がった写真を見て俺達は驚いた。

何も写ってないのだ。
もちろん俺達は普通に写ってる。霊的な物が何も写ってなかったのだ。
「・・おかしくね?」
「もう成仏しちゃったとか、じゃねぇかな?」
「やっぱそうなのかな。じゃあ、あそこ行ってももう心霊写真撮れないって事か。無駄だったなぁ」
「そうでもないよ。行く途中に結構周りから孤立してる民家、一軒あるから。次はそこ行こうぜ」
「おぉ!マジで?そこも廃墟?」
「んな訳ねぇじゃん。普通に人住んでたよ。今日の夜行こうぜ」
「おっけ、分かった。今の内に適当に準備しとくわ」
楽しみだ。かなり久しぶりだから何かワクワクする

28: 名無し
>>25
なんで他人の部屋事情なんかしってるんですかね

31: 名無し
>>25
「んな訳ねぇじゃん。普通に人住んでたよ。今日の夜行こうぜ」
ここがポイントなのかな?ってかこのセリフが理解できない

39: 名無し
>>31
廃墟の間取りを知ってる
心霊写真を撮りに「普通に人が住んでる」家に行こうとしている
それが「久しぶりで楽しみ」

46: 名無し
>>39
なるほど
心霊系の発想にとらわれすぎたわ、面白いね

32: 名無し
短めでゾッとするの好き

36: 名無し
>>32
世界一短い怖い話

婦人が人気の無い暗い道を歩いていると前方から痩せた男がやって来た?

「びっくりしたわ。幽霊かと思っちゃった」?

「どうして俺が幽霊じゃないと思ったんだい?」

33: 名無し
意味こわはこわくないけど推測するのがミソってやつ

47: 名無し
誕生日に、ホームパーティを開いた。
その時、家の中で皆の写真を撮っていたら、変なものが映った。
背後の押入れから見知らぬ青白い顔の女が顔を出し、
こちらを睨みつけてる。

これやべいねってことで、霊能力者に写真を鑑定してもらった。

「この写真からは霊気を感じない。心霊写真でも何でもないよ。」

51: 名無し
>>47
これ短くて尚且つわかりやすくて好き

54: 名無し
>>47
実際にいる方がよっぽど怖いですねぇ……

55: 名無し
>>47
カメラ設置して帰ってきて確認のやつも怖い

60: 名無し
今日俺がコンビニに行くために、マンションのエレベーターに乗った。
乗っているのは俺だけ、誰か入ってこないかななんて思っていると、3階のボタンが点滅した。
「誰か乗ってくるのかな?」
そしてドアが開いた。
しかしそこには誰もいなかった。
俺は急いでエレベーターから飛び出し、朝までコンビニで本を読んでいた。
今思えば俺の思い過ごしだったのかもしれない。

64: 名無し
>>60
これは簡単

65: 名無し
>>60
短く改変されててグッド

74: 名無し
>>60
これは自分しか乗っとらんハズなのにボタンが点滅するのはおかしいってこと?

75: 名無し
>>74
せやせや

77: 名無し
一人暮らしをしている大学生の男がいた。
男が住んでいるのはごく普通のアパートだが、たまにおかしなことが起こった。
大学から帰ってくるとカーテンの形やゴミ箱の位置などが微妙に変わっている気がするのだ。
最近は誰かにつけられてる様な気もしてきた、流石に気味が悪くなってきた男は大学の友人に相談した。
男が「もしかして…ストーカーかな?警察に言うのが一番良いと思うけど…
警察は実際に被害が無いと動いてくれないって聞くしなぁ…どうしよ……。」
と困っていると、友人は「…じゃあ大学に行ってる間ビデオカメラで部屋を撮影しておいて、
もしストーカーが部屋に侵入してるのが撮れたらそのテープもって警察に行けば良いじゃん、
不法侵入してるわけだからさすがに警察も動いてくれるだろ。」
と具体的な解決策を提示してくれた、やはり持つべきは友!
これは良い案だ!と思った男は早速次の日の朝、部屋にビデオカメラを設置して録画状態のまま大学へ行った。
大学から帰ってきた男は焦った、久々に部屋に違和感がある。
「これは期待出来る、マジにストーカー写ってるかも…」と思いながらビデオの録画を止め、再生した。
しばらくは何も写らなかった。
しかし夕方になると、知らない女が包丁を持って部屋に入ってきたのだ。
「…!!!!!!」ビビった男はすぐに友人に電話をかけた。
「ヤッベー!写ってる写ってるストーカー写ってる!!!!」
と若干興奮気味に伝え、それからは録画を見ながら友人に内容を実況した。
「ゴミ箱漁ってるよぉ…」「今度は服の匂い嗅いでる…キメェ!!」
今までコイツは何回も来ていたのかと思うと、男は背筋が凍る思いだった。
「これで警察も動いてくれるなぁ」と少しホッとしてると、画面の中の女は押入れに入った。
「うっわ…押し入れの中入ったよ、しかもなかなか出てこない……」などと友人と喋っていると、また誰かが部屋に入ってきた。
男は言葉を詰まらせた。
部屋に入って来たのは自分だった。
そしてビデオの中の自分はカメラに近付き録画を止める、そこでビデオは終わっていた。

81: 名無し
>>77
これも生身の人間の方が怖いねって話やね

82: 名無し
>>77
これ映像化されてたな
結構怖くて良く出来てたわ

92: 名無し
「拉致監禁事件が酷い物になってきていますね。今回の被害者は無事生きて帰ってこれてよかった」

「そうだな。かなりの虐待を受けていたようだし心の傷の治療も時間がかかるだろうが、生きているだけ同じ所に監禁されていた他の被害者よりマシだ」

「加害者の家から彼女を発見した現場まではかなりの距離がありますね。きっと逃げたい一心で必死に走ったんでしょうね・・・」

「ああ、彼女のおかげで犯人も捕まったし、他の被害者も浮かばれるだろう」

「彼女はこれから大変ですね」

「逃げられないように両足を切断されていたからな。治療が終わったらまずは車椅子に慣れる事からだ」

96: 名無し
>>92
これ初めて見たわ

97: 名無し
>>92
りょなはNG

98: 名無し
>>92
何故切断されてたのを知ってるのか

103: 名無し
>>98
警察なんじゃない?

104: 名無し
>>100
監禁されてた被害者が犯人の脚を切断したの

99: 名無し
私がお風呂でシャワーを浴びているとき
リビングの方から一つの悲鳴が聞こえた。
私はすぐに風呂から上がり、素っ裸でリビングに向かう。

するとそこには、覆面を被った男と
体から血を流した父と母と妹の死体が床に横たわっていた。
覆面の男は私を見た途端、すぐさま窓から逃げ出し
私は顔を真っ青に染めながらその場に座り込んだ。

102: 名無し
>>99
泥棒も肝冷やしたやろうなあ

105: 名無し
>>99
一つの悲鳴ということは悲鳴を上げたのは覆面か
つまりシャワー浴びてたヤツが殺して血を落としてたってところか

175: 名無し
ウミガメのスープ作れるやつって尊敬するンゴ

176: 名無し
夏の人ごみってうっとうしいよな。蒸れるし暑いし。

今日も、仕事で疲れてるとこに帰宅ラッシュの電車でダメージ受けて、

うんざりしながらマンションに帰ってきたんだよ。

エレベーターを待ってたのは、

おばさん、じいさん、小学生低学年くらいの男の子が2人、

男子高校生、黒いスーツの男、

背中にガキをおんぶして、幼稚園児の手を引いた若い母ちゃん。

次々に乗り込んで、最後に俺が乗った。

けど、ドアを閉めようとした時、白いワンピースの女がするりと乗ってきたんだよ。

で、「ブー」ってブザーが鳴ったんだよな。定員が九人だからさ。

恥ずかしそうに降りようとするから、代わりに俺が降りてやった。

彼女は「ありがとう」と小さく笑った。それが可愛くてさ。

まぁ、単に俺は満員が狭くて嫌なだけだったんだけどw得した気分w

そうそう、部屋に帰ってテレビつけたらニュースやっててさ、

なんかどっかのOLが行方不明なんだってよ。

それが丁度この辺で、ゾッとしたおかげでちょっと涼しくなったわ。

184: 名無し
>>176
これすこ

207: 名無し
かわいそう

211: 名無し
ある家族が妻の実家に遊びに行くために
田舎までのバスに乗っていた。
山のふもとあたりまできたときに、
子供が「おなかへった」とだだをこね始めたので、
しょうがなく途中のバス停で降りて
近くの定食屋で食事をすることにした。

食事が終わり定食屋に設置されているテレビをふと見ると、
さっきまで家族が乗っていたバスが落石事故で
乗員全員死亡というニュースが流れていた。

そのニュースを見た妻は、
「あのバスを降りなければよかった…」と呟いた。

それを聞いた夫は、
「何を馬鹿なことを言っているんだ!」
と怒鳴ったが、 すぐに
「あぁ、なるほど。確かに降りなければよかった…」
と妻の意図に気づく。

214: 名無し
>>213
降りなければバスがバス停に止まらず結果的に落石に会うこともなかったんやで

215: 名無し
>>214
そういうことか