1: 名無し


2: 名無し
え、なにこれは・・・

4: 名無し
これはま~ん

5: 名無し
とりあえず謝れや

6: 名無し
炎上狙いでこういうの書く奴が多いねん

7: 名無し
ゲゲのゲェ

8: 名無し
うーんこの

9: 名無し
まんさん…

11: 名無し
何をどう夫の責任にするのか

29: 名無し
>>11
風俗行きまくってたとか適当に騒げばええぞ
相手は風俗に全く行ってないことや浮気してないことを証明せなアカンようになる

45: 名無し
>>29
悪魔の証明やめーや

46: 名無し
>>29
ブーメラン返されたら負けやん

104: 名無し
>>46
まんさんは優遇されるから

148: 名無し
>>104
ほんこれ
痴漢とかでもそうやけど同じ悪魔の証明でも男側だけ証明せいやってなるもんな
まずはやってない証明させるよりまんさんがやられた証明せいって話なんやがなあ

223: 名無し
>>148
電車乗ってなくてもホームに並んでれば痴漢やで

68: 名無し
>>29
そんな主張したところで
お互いに潔白であることを証明しないとあかんやろ
一方にふっかければ誤魔化せるなんてことはない

72: 名無し
>>29

123: 名無し
>>29
騒ぐ時に行ってたことを証明せなアカン

12: 名無し
流石にネタでしょ…

16: 名無し
どっちから移ったかって分からんの?

30: 名無し
こういうのガチで怖い
シャレにならん

32: 名無し
こんなんに回答500近いとかすごない

34: 名無し
回答数で草
真面目か

35: 名無し
松居一代っぽい

36: 名無し
これは浮気させた夫が悪いわ

37: 名無し
盛られた… 投稿者:ゴム夫

つい先日の話し何だけど、掲示板でセーフでヤレるタチの募集をしてたら、
割とタイプのプロフのタチから、メールが着たので会う事に。
相手のプロフは175*70*39のガッチリ筋肉質らしい。
因みに俺は170*60*27の水泳体型。兄貴のホテルの部屋で会う事に。
だが、奴の泊まっているホテルの部屋へ行くと、どう見ても50代のハゲたオヤジが…
体は鍛えてるのかガッチリ筋肉質だ。
体はまぁ良いし、溜まってたから、取りあえずヤってすぐ帰ろうかと思った。
お互い裸になって、オヤジの物を拝見。…デカい!!
オヤジの竿はギンギンに血管が浮き出る位にガチガチだ。
先からは我慢汁が糸引きながら竿から玉袋に向かって、滴り落ちている。
俺が見てると、オヤジが俺のケツをオイルを絡ませた指でほぐし始めた…
しばらくしたら何だかケツがジンワリ熱くなってきて、意識がグニャリとした感じに…盛られた…。
俺の様子を見て、オヤジは自分の竿にローションを塗り付け、ナマで入れようとした。
ゴム派の俺、普段なら抵抗できるが、意識がグニャリと定まらない!
それでも、股を閉じて必死の抵抗してると、オヤジは小瓶を染み込ませたテッシュを俺の口に…。
意識がハッキリしてきた頃、俺の穴からはドロリとしたクッセーオヤジのタネ汁が、
穴から太ももを伝って垂れてきた。

俺はシャワーも浴びずに、急いで服を着て部屋を出た。

オヤジは知らない…俺は移さないためにゴム派だと。

48: 名無し
>>37
バトル漫画みたいな展開やな

58: 名無し
>>37
スタンドバトルかな

63: 名無し
>>37
初めて見た

66: 名無し
>>37
展開熱くて草

69: 名無し
>>37
最後の一行に衝撃を持ってくるミステリーの鏡

74: 名無し
>>37
これ世にも奇妙なみたいですき

77: 名無し
>>37
ホモは文豪

82: 名無し
>>37
文章うますぎやろ

85: 名無し
>>37
普通に面白い

87: 名無し
>>37
なんでホモは文才あるんやろ

111: 名無し
>>87
昔はホモは出会える機会が限られていたんやで
細々と雑誌の募集に書き込んで募集してたんや
限られた文字数で相手にしてもらえるように内容を綴ろうと考えればそうなるよ

135: 名無し
>>111
文通で鍛えたみたいなんもんか
乙女やんもう

151: 名無し
>>135
人目につくアピールはホモに限らず昔の人には必要やったんやで

161: 名無し
>>135
そらそうよ
マツコ・デラックスが語彙豊富なのもホモだからや

90: 名無し
>>37
これすき

92: 名無し
>>37
最後のオチが小説家みたい

95: 名無し
>>37
被害者の親父可哀想

97: 名無し
>>37
ゴムしたら移らないもんなん?

116: 名無し
>>97
感染率は激減する

105: 名無し
>>37
文才ありすぎ

41: 名無し
なんでエイズになってるんですかねぇ…

42: 名無し
夫からバンッと叩かれそう

49: 名無し
まんさん…w

50: 名無し
すま~ん(笑)