1: 名無し

乗客、乗員520人が犠牲になった、日航機墜落事故から、12日で33年。

今、日本航空では、事故を知らない世代がおよそ95%にのぼる。

風化させないための取り組みと、遺族の思いを取材した。

1985年8月12日午後6時56分、JAL123便は御巣鷹の尾根に墜落した。

現場から救出された生存者は、わずか4人。

乗客、乗員520人もの命が失われた。

2018年5月、その御巣鷹を初めて登る若者たちが。

日本航空の整備部門の新入社員。

中嶋一樹さん(22)は、空の安全を守りたいと思いを抱き入社。

事故後5年以上たった90年代に生まれた、事故を知らない世代。

事故現場にある慰霊碑を訪れたあと、新入社員は、事故の現実に直面することに。

被害者たちの墓標。

生まれて初めて事故の現実に向き合ったことで、ある思いが芽生えていた。

中嶋さんは「(初めて御巣鷹を登って?)お客さま、このような犠牲者の方やご遺族の方の全ての思いを背負って、わたしは飛行機を整備していかなければならないと思います」と話した。

現在、日本航空では、墜落事故当時の社員は、わずか5%にまで減っている。

この事故で、当時9歳だった息子・健君を亡くした美谷島 郁子さん。

遺族でつくった「8.12連絡会」らが、7月、事故を起こした機体を展示している日本航空の施設を訪れた。

遺族らを案内したのは、入社3年目の事故を知らない世代・高崎藍子さん。

事故の原因などを説明する高崎さん。

遺族も耳を傾ける。

案内終了後、遺族の前に立つと、内に秘めた思いを明かした。

高崎さんは「すいません。旦那さんを亡くされたりとか、お子さまを亡くされた方々が、わたしの説明を聞きながらどう思っていたのかと考えながら、ご説明させていただきました」と話した。

事故を知らない世代ならではの、遺族への思い。

その思いは、遺族に伝わったのか。

美谷島さんは「知らなくて当然。だからこそ、一緒のところに立って一緒に泣いてくれること。あの涙が、わたしたちは力をもらえますね」と話した。

2018年8月11日 土曜 午後6:56
FNN PRIME
https://www.fnn.jp/posts/00398491CX

 

3: 名無し
95%は言い過ぎw

 

4: 名無し
教育しろよ

 

5: 名無し
日本政府はホントの原因を隠してる。

 

7: 名無し
この事件について調べると陰謀論がエスカレートしてすごいことになってるよw
中には日本の上空でアメリカ、ロシア、自衛隊の戦闘機がドッグファイトしてたなんてのもあるww

 

12: 名無し
この事故はグロ過ぎた。
衝撃で身体の骨と臓物が皮膚を突き破って出て来るとか北斗神拳みたいな
死に方してたらしいからな。

 

13: 名無し
昭和30年代の事故のほうが悲惨

 

14: 名無し
30代後半の俺でも知ってるわ
当時JAL社員じゃない奴でも40代以上なら知ってるだろ

 

15: 名無し
頭上げろー!

 

16: 名無し
この数日前に羽田大阪乗った
初めての飛行機だった
でも飛行機って大人になると苦痛だよなあ

 

18: 名無し
15歳のとき母親が亡くなった夏だから鮮明に覚えているw

 

20: 名無し
沈まぬ太陽を読んでみなさい

 

26: 名無し
最初から海上離脱して水面不時着でほとんど助かった
機長が空港に帰還しようとした無謀な判断で状況が悪化し
最後は山に激突し炎上、陸上ゆえの焼死と山奥の救援遅れであれだけの大惨事になった