1: 名無し
末期がんの妻から承諾、首を包丁で刺し殺害 地裁、63歳夫に猶予判決「心情は理解できないことはない」
2018年8月9日(木)

末期がんだった妻の承諾を得て殺害したとして、承諾殺人の罪に問われた
埼玉県狭山市の無職の夫(63)の判決が8日、さいたま地裁であり、
四宮知彦裁判官は「自分から心中を持ちかけて犯行を遂げた」として、
懲役3年、執行猶予5年(求刑・懲役4年)を言い渡した。

判決理由で四宮裁判官は「心中という選択を回避するために手を尽くしたとは到底言えない」と指摘。
一方で、がん患者の妻を看病し、病院に付き添うなど、献身的に支えても病状が好転しないことなどから
「前途を悲観して心中を考えるようになった心情は理解できないことはない」とした。

判決によると、夫は昨年12月19日、自宅で、妻真紀子さん=当時(61)=の承諾を得て
首を包丁で数回突き刺し、殺害した。

埼玉新聞
http://www.saitama-np.co.jp/news/2018/08/09/05_.html

2: 名無し
いい加減安楽死を認めろ
殺人や自殺の放置こそ人道に反するだろ

9: 名無し
>>2
医者「金蔓は逃がさない」

安倍「その通り」

12: 名無し
>>2
日本人はきれいごと言って現実や解決については目をそらすから難しい。

3: 名無し
これは可哀想だな

4: 名無し
そうかあかんか、一緒やで

5: 名無し
末期ガンは
安楽死でいいよ

6: 名無し
身勝手な犯行ダナ

7: 名無し
塩化カリウム点滴ぐらい事前に調べとけ

10: 名無し
団塊爺は俺様が法律だからよくこういうことする

11: 名無し
安倍のせいで情け無用の世の中になってしまった

13: 名無し
こんな殺し方、本当に承諾したの?

14: 名無し
これは介護うつ病だろうな
心神耗弱で必要的減軽とするべきだった

15: 名無し
妻を楽にしてやろうと思ったんじゃなくて、自分が楽になりたかったんだろ。これはアカン。

16: 名無し
もっと楽な死に方あるだろ・・・

なんでわざわざ痛いやつ選ぶかなぁ

18: 名無し
いかに同意殺でも方法が残虐ではね
安楽死の議論をしない国民の責任でもあろう
末期の苦しみをとるには緩和ケア、それも無理なら安楽死
これを議論しない日本人がバカだ

19: 名無し
人殺して執行猶予つくのか?

20: 名無し
>>19
こういう事例なら全然有りえる

21: 名無し
睡眠薬自分でのませろよ

22: 名無し
楽に人生終わらせたいものだ

23: 名無し
介護鬱だな
  

24: 名無し
前似たような話があったな。息子だっけ、結局自殺したっていう。

25: 名無し
介護ノイローゼは解消すべき問題だが
心中にしても承諾殺人にしても
だからといって殺人を肯定すべきじゃない

これを肯定するということは座間の白石も肯定するということ
見て見ぬふりをせず対応しないとまずいこと

26: 名無し
一昔前に太い木と首にロープ括り付けて、そのまま自分で車を運転して首飛ばした話あったけど刺されるよりはマシかな

27: 名無し
自分から心中を持ちかけておいて
あとを追うこともなく
罰を受けることもないとかね

28: 名無し
承諾を得たことを何で確認出来たのかね?

30: 名無し
これは同情できんな
終末期のとこ入れよ
高額医療だって、がんならあらかじめ券を発行してくれて初回から引いてくれるのに
できるだけ眠るようにしてくれるのに、なんでこんな痛みを伴うの選ぶのか

以前の金尽きて母親殺したやつとはわけが違う