1: 名無し
 愛煙家のマストアイテムも今ではオプション扱いに……
 クルマというのは、当然のことながら日々進化しているもの。新しく生まれる装備があれば、消えていく装備も多い。今回は残念ながら、消滅してしまった装備を取り上げてみよう。

1)速度警告のキンコン
 消えた装備の代表格といえばこれ。100km/hを超えるとキンコンキンコンと鳴って、スピード超過を警告する装備を覚えている方も多いのではないだろうか。自主規制で付けていたもので、高速時代の到来ととともに消滅。

2)アンメーターなど
 アンメーターとは電流計のこと。発電力の弱かった時代、需要と供給のバランスを見るために付いていたのがアンメーターで、プラスとマイナスに針が振れることで現在の電力状況を知ることができた。そのほか、油圧計などもデジタルでは残っているが、アナログでは消滅。その昔は、小さなメーターがずらりとならんだ6連とか8連メーターがスポーツカーの証だったのだが。

3)ハンドスロットル
 ハンドアクセルとも呼ばれたが、その名の通り、ワイヤーを引っ張るとエンジン回転が上がった。このような奇妙な装備はなんのためにあったかというと、暖機のため。アイドリングの回転を少し上げて、早く暖めたいときに使った。ちなみにクルーズコントロールみたいな使い方はダメ。というより、誰もそんなことは思いもよらなかったので、巡航中に引っ張る人はいなかった。

4)キャブレター
 ハンドスロットルにも関係しているが、エンジンへ燃料を噴射するために付いていたのがキャブレター。霧吹きの原理を使用したもので、アナログ全開ながら複雑な制御をしていた。とはいえ、きめ細かい制御という点ではインジェクションには勝てず、今や50ccのスクーターでも使われなくなっているほどの消滅ぶりだ。

5)灰皿
 禁煙の高まりとともに、気が付いたらなくなってしまったのが灰皿。タバコを吸いたい方は、オプションで用意されているドリンクホルダーに入れるカップタイプのを買ったり、社外品を買うしかなくなった。愛車の中でも肩身の狭い話しではある。

6)クーラー
 クーラーは今でも付いているゾ、という方もいるだろうが、現在のはエアコン。昔のはクーラーでとにかく冷たい風が出てくるのみだったし、除湿もあまりせず、湿気が多いと内部で凍ったり、白い風が出てきたりした。

https://www.webcartop.jp/2018/08/260946

2: 名無し
フェンダーミラー

11: 名無し
>>2
コレはホント謎
タクシーとかいまだにフェンダーだし
デザインが実用性より優先されたにしても急激な変わりよう

4: 名無し
水中花シフトレバー

12: 名無し
>>4
これ

30: 名無し
>>4
あるある普通にある
DQNが天井に届きそうなシフトレバーにしてる

5: 名無し
小さいしめ飾り

6: 名無し
チョーク

7: 名無し
キャブは装備じゃなく機構だろ

8: 名無し
腕木式の方向指示器

9: 名無し
なんだよハンドスロットルって
チョークだろ

13: 名無し
>>9
意味わからず暖気の時に引っ張ってたわw

10: 名無し
地面に擦ってるアースみたいなやつ

14: 名無し
三角窓

15: 名無し
確かに小さい頃乗った車はキンコン鳴ってた

16: 名無し
カセットデッキ

18: 名無し
窓はハンドルをクルクル回して開けた

19: 名無し
FMが聞けないカーステ

20: 名無し
後部につけるゴム製の帯電流すやつ

21: 名無し
うちの社用車、いまだにパワーウィンドウがないのがある
灰皿も当たり前
勘弁してくれ

24: 名無し
>>21
社用車ならグレード低くて当然

エアコンあるだけましやわー

22: 名無し
キャブの方が楽しいよ

23: 名無し
おっさんのシートに後付けでつけてあったイボイボクッション

26: 名無し
10連装CDチェンジャー

27: 名無し
幸田組

28: 名無し
「自家用車」という表示

29: 名無し
ターボタイマー