1: 名無し
日本語の一般的な表記や地名、人名などで用いられる漢字をコンピューターなどで扱うため、1978年に最初の規格「JIS C 6226」が制定されました。
この時点で、世界最大の漢和辞典「大漢和辭典」、および収録字数が多い「新字源」のいずれにも見当たらない幽霊文字が混入していました。
その後、第4次規格の作成時に徹底した調査が行われて、いくつかの文字については由来が判明しましたが、なおも12文字が幽霊文字として残っています。

https://i.gzn.jp/img/2018/08/01/ghost-characters/00.png
https://gigazine.net/news/20180801-ghost-characters/

26: 名無し
>>1

よく使うやろ
是非とか是々非々とか。

2: 名無し
こわい

3: 名無し
タモリ倶楽部で見た

4: 名無し
なんやこれ…

5: 名無し
見たことある字

6: 名無し
ヒェッ

7: 名無し
漢検二級で出てきそう

8: 名無し
左から2列目の一番下は見たことある気がする
気のせいだろーけど

9: 名無し
どうせ担当がおふざけで作ったんやろ

10: 名無し
下段左から二つ目は美祢とかで使われてるんとちゃう?

11: 名無し
作った奴に聞けばよくね?

16: 名無し
>>11
作ったやつがおればええけどな

12: 名無し
袮?

14: 名無し
見たことあるような無いような絶妙感

15: 名無し
あぁ、示じゃなくて衣か

17: 名無し
面白い

18: 名無し

漢字字典にない文字で、かつては幽霊文字として扱われていた。
幽霊文字について調査した資料、「JIS X 0208:1997附属書7(参考)」の「区点位置詳説」、304ページの2.161は、
「典拠 行政管理庁漢字表(付属書7図88)。第1次・第2次規格の事務局資料に、昭和59年2月1日調べとして”行政管理庁”及び”明治生命”との記述があり、行政管理庁漢字表にある。
“明治生命保険相互会社漢字コード表”(昭和46年当時)には現在さかのぼることができないが、この典拠が正しければ、人名の可能性もある。
ただし、NTT固有名には、用例がない。蟷74-27の誤写かとも疑われる。」としている。
同資料は続いて「暗合 享和本 新撰字鏡*に”毛牟、又丗(世)牟”の注を付して見える(付属書7図89)。」としている。
なお、新潮日本語漢字辞典は国字とし、意味は「もむ、せむ、一説に蝦蟇の別名」としている。

23: 名無し
>>18
蟷螂かと思いきや

19: 名無し
閏に点が入っとる
土井の土にも点打ってあるやつおるなぁ

20: 名無し
木へんに竜とかありそうやけどな

21: 名無し
イースターエッグみたいなもんなの?

22: 名無し
下左2の読み方分かる
ねやろ

24: 名無し
こういうのすこ

25: 名無し
この字使って名前つけてええの

27: 名無し
多分だれかの苗字とかやろ
分家とかになる時に本家の漢字を弄ったりするから

28: 名無し
unicodeとかいう漢字コード同居のガチゴミ

29: 名無し
璽が常用漢字の事実

30: 名無し
割とありふれた へんと ありふれた つくり の組み合わせやのに無いんやな