1: 名無し
 米国の13歳の少年が始めたホットドッグスタンドが無許可であることを市の衛生局が見つけ、営業停止にする代わりに、許可取得を全面的にバックアップした。この出来事は、海外メディアで話題になっている。
https://irorio.jp/wp-content/images/uploads//2018/07/catch0720.jpg

ミネソタ州ミネアポリス市に住むJaequan Faulkner君(13歳)が、自宅の前でホットドッグスタンドを始めたのは2016年のこと。

叔父さんが使わなくなったホットドッグロースターを借りてホットドッグを作り、加えてスナック菓子やソフトドリンクも売った。
開業した一番の目的は、服を買うことだったそうだ。

Jaequan君のホットドッグスタンドは近隣の人たちから愛されるようになり、やがてその存在が市内に広く知れ渡るようになったという。
ところが、Jaequan君が市の許可を得ずに営業していることを誰かが見つけ、環境衛生局に通報した。

通報を受けた市の環境衛生局がとった措置は、意外なことに営業停止命令ではなく、ホットドッグスタンドの営業を全面的にバックアップすることだった。

Dan Huff環境衛生局長は海外メディアにこう語っている。

「無許可営業の通報について知った時、通常なら営業停止命令を出すところですが、私はこう言ったんです。『ノー、この子の店を潰すようなことはしないよ』とね。

許可を取っていないなら、取れるように助ければいい。ポジティブな方向に持って行こう。そして、この子がちゃんとしたビジネスを続けられるようにしよう、とね」

それから市の衛生指導員がチームを作り、Jaequan君に食品の安全性や衛生的な環境の必要性について教えた。

ホットドッグは常に60度以上の温度に保っておかなければならない規則が(ミネアポリス市には)あるが、その温度を計るための温度計を無料で与えたり、
野外で手を洗うための簡易洗浄機や直射日光を防ぐためのテントを、局のスタッフがボランティアで寄贈した。

営業許可の申請に必要な費用87ドルも、衛生局スタッフたちのポケットマネーから出ている。
市衛生局はさらに、小規模な起業家をサポートする地元の非営利団体「NEON」にコンタクトし、協力を要請。
https://irorio.jp/sophokles/20180721/480086/
現在、NEONの担当者がホットドッグスタンドの経営戦略や財務管理について、Jaequan君にアドバイスしているそうだ。

2: 名無し
レモネードは許可居るのかな

6: 名無し
>>2
アメリカでレモネードを家の前で売るてよく聞くよね・・・

21: 名無し
>>6
日本でいうおつかいだからね

5: 名無し
こういう世の中になればいいのにね

9: 名無し
金正恩みたいだなつーか髪型すげえな

11: 名無し
チャーシューの許可とってんのかよああん?

12: 名無し
凄い頭? 頭髪?

13: 名無し
やさしい世界

14: 名無し
白人かと思ったら違った
黒人少女が違法に水詰めて売ってたり勝手に公園でBBQしてたりを通報した白人のがほうが叩かれてたのに
地域で違うのか?

15: 名無し
まあ数年後には貯めた金で銃火器や薬に手を染めるんですがね(´・ω・`)

16: 名無し
本来はこんな事しないだろうに、、
偶然が重なった希有な事例。

17: 名無し
こんな極太ソーセージ入って2ドルは安い

18: 名無し
ババヘラアイスも許可が必要なんだろうな

19: 名無し
取り締まられた他の営業者「おれの時と違うんだけど」

28: 名無し
>>19
これよな

20: 名無し
13歳少年のソーセージまで読んだ

22: 名無し
クソガキが稼ぐなんて絶対に許せない
全力で潰せ

23: 名無し
一方、日本では無許可でチャーシューを作っていたホテルに対して…

24: 名無し
甘やかしてどーするだ
世間を舐めきった大人にしかならないぞ

25: 名無し
イイハナシダナー

26: 名無し
この少年が後に全米にホットドッグチェーン店を展開させる創業者になるまでは読めた

30: 名無し
>>26
法令を遵守できない無能な経営者にしかならんだろ

27: 名無し
むしろ髪型がホット