1: 名無し
 日米開戦前日の1941年12月7日夜、東条英機首相が政府高官に開戦について語った内容が、メモとして残っていることがわかった。東条はこの日昼、開戦当日の予定を昭和天皇に説明したことにも言及。戦争に反対していた天皇が開戦を決意し、軍が一致して行動する状況になったことで「すでに勝った」と発言するなど、太平洋戦争に突入する前夜に高揚する東条の胸中を初めて伝える貴重な史料だ。

 メモは、当時の湯沢三千男内務次官(1963年死去)の遺品から見つかった。東条の言葉を便箋5枚に書き残したもので、「十六年十二月七日(日曜日) 午後十一時二十分」との日時も書かれている。

 昭和天皇は主戦派の陸軍を抑えるため、41年10月、陸相の東条に組閣を命じ、外交交渉で戦争を回避する検討も求めた。だが米側の最終提案「ハル・ノート」が届き、交渉を断念。12月1日の御前会議で開戦を最終決定し、8日未明、米ハワイの真珠湾を攻撃した。

(ここまで401文字 / 残り729文字)

※全文は会員登録をしてお読みいただけます

https://www.yomiuri.co.jp/photo/20180722/20180722-OYT1I50038-L.jpg
https://www.yomiuri.co.jp/photo/20180722/20180722-OYT1I50039-L.jpg

2018年07月23日 06時00分
YOMIURI ONLINE
https://www.yomiuri.co.jp/national/20180722-OYT1T50129.html

2: 名無し
そりゃこんな無能がトップなら負けるわな

3: 名無し
ハルの珍事

5: 名無し
ロシアの工作にはまった?

6: 名無し
この勝ったという意味は
アメリカに対してではなくて
戦争に消極的な対抗勢力に対して勝ったということかな

7: 名無し
勝てると思ってたんかよw

10: 名無し
>>7
思ってないよ

8: 名無し
それは既に形骸である。

12: 名無し
ジョジョか

13: 名無し
国内を開戦で取りまとめたことに充実感を持っただけだろね
東條はアメリカとの開戦にはびびってたはずでは

15: 名無し
勝った! と思ったら負けた

16: 名無し
碇ゲンドウか

18: 名無し
アメリカとは短期決戦で早期和解にこぎつけたかったんだろ

19: 名無し
勝っただけでは何に対して言ってるのかわからないな

20: 名無し
また一部だけ抜き取ってからに
全体分らんわ

24: 名無し
「国内の権力争いに勝った」っていうだけだろ
その先のことについちゃ何も考えてなかったただのアホ

25: 名無し
こいつの子孫に取材しろ。

26: 名無し
東条がすべての戦犯だというのがこれで確定したね

27: 名無し
当時の日本、バカどもが支配してたんだな!

28: 名無し
こんなアホが再発しない振り返りは済んでいるのかな?非国民とか無能反射で反応するよりも、考察と対策積み上げて欲しい。現場を見て、触れて、動かしたこと無い人に現場を語らせる資格無しとか。

30: 名無し
自分を盛り上げる為に書いたかもしれんし解釈のしようがない様な