1: 名無し
 今夏、仏ルモンド紙など欧州メディアが相次いで「黒人のサムライ」を記事に取り上げた。彼の名は「弥助」という。
イエズス会のアレッサンドロ・ヴァリニャーノが来日して織田信長に謁見した際、奴隷として連れていたアフリカ出身の人物で、信長に気に入られ武士になった。
昨年、弥助の伝記実写映画がハリウッドで企画されたことで、改めて世界各地で注目を集めているのだ。

◆日本のアニメやゲームからじわじわ人気に
海外での弥助ブームは、彼を描いた日本の漫画などを通して数年前から始まっていた。
例えば、2007年に漫画『アフロサムライ』(岡崎能士著)がアニメ化されると、アメリカでは先行放送。
声優を務めたサミュエル・L・ジャクソン主演で実写映画化も持ち上がっている。
徳川家康に仕えた三浦按針ことウィリアム・アダムスが主人公のゲーム『仁王』(2017年)でも、「ヤスケ」が欧米での認知度を押し上げた。

欧州の場合、南蛮貿易や遣欧使節などの歴史から信長を知る人も多く、地理的にアフリカ人に注目が集まりやすい。
フランスでは2013年に出版された小説『Oda Nobunaga』(シャルル=ピエール・スラン著)からも弥助が知られていたようだ。

そんななか、弥助を描く映画『ブラック・サムライ(仮)』の制作が発表された。
黒人のアクションヒーローと「サムライ」という異質な文化の取り合わせが受け、彼の素顔に迫ろうとの動きが広まったのである。

アフリカ関係の話題を扱うメディア『Face2Face Africa』は、現時点でわかっている弥助の実像を伝えている。
ルイス・フロイスがイエズス会年報に残した「十人力の剛腕」、「信長に私宅と腰刀を与えられた」(『信長公記』)など、史料にもとづいて弥助を紹介した。
初めて対面したときの信長が、驚きのあまり肌に墨を塗っていると思い込み、体を洗わせた話など、日本でよく知られる逸話もまとめており、
弥助の伝記に関心が集まっていることがわかる。

◆弥助の実像と文化的多様性を描く『ブラック・サムライ』
ニュースメディア『Konbini』によると、映画は、『ソーシャル・ネットワーク』『アメリカン・ヒストリーX』などを手がけたプロデューサー、マイケル・デ・ルカと、
『ハイランダー 悪魔の戦士』(以下『ハイランダー』)の脚本家グレゴリー・ワイデンというヒットメーカーが組み、主演は未定だという。
弥助の出身地は諸説あるが、記事にあるワイデンのコメントによると、エチオピア出身になりそうだ。

https://newsphere.jp/culture/20180714-1/

2: 名無し
風車の

7: 名無し
信長は黒人を登用し私邸を与えた
一方白人は

8: 名無し
信りん最初弥助をゴシゴシ洗ってみたらしいねw

9: 名無し
モザンビークだと思われてるが

10: 名無し
侍なの?奴隷かと思ってた

15: 名無し
>>10
ノッブめっちゃ気に入ってたそうで、最終的に城持ちにするつもりやったそうな

17: 名無し
>>10
従属的な立場の人間はいたが奴隷という立場の人間は当時の日本にはいなかった

30: 名無し
>>17
日本に奴隷は歴史上存在しないもんな

13: 名無し
ブレイドで日本刀をふってただろうヤスケは

16: 名無し
宣教師って奴隷を連れてたんだ
最低だは

21: 名無し
本能寺の変のあとは消息不明なんだろ?

29: 名無し
>>21
アフリカに帰ることもできんだろうし
どうしたんだろうね?本能寺直後の混乱で死んだんかな?

23: 名無し
初めて知った
知らない事がまだまだあるな

24: 名無し
日本人の反応がみたくて奴隷の黒人送ったら侍にまで昇進させてたのは唖然としただろうな

25: 名無し
どうせ海外じゃ史実に沿わないとんでもない話になるんだろうけど

27: 名無し
織田信長はおっそろしくリベラルだよな
自分に立てついたら仏教聖地ですら焼き払うし