1: 名無し
・西日本の豪雨による被害は、各自治体は迅速に対応するも拡大を防げなかった
・サイレンなどで呼びかけるも、「雨で聞こえなかった」という住人もいたそう
・普段からコミュニケーションを密にし、口コミで伝達することも重要という

「自治体の呼びかけと避難に課題が出ました」と司会の羽鳥慎一が西日本豪雨の実状を伝えた。ほとんどの被災市町村が6日(2018年7月)夜10時ごろから避難勧告や避難指示を早めに打ち出したのだが、大きな被害を防げなかった。

テレビで放送しても「つまらん」とチャンネルを変える

愛媛県野村町では肘川にかかる野村ダムが放水から「見る見るうちに水位が上がった」(男性住民)という。放水1時間前には町がサイレンや防災行政無線で呼びかけたものの「雨で聞こえなかった」という住民もいた。

防災システム研究所の山村武彦所長は「個別に受信機を配布しているところでは、うるさいからと止める人もいる。なんとなく自分だけは大丈夫というバイアスがかかり、リスクへの懸念が小さい」と指摘。ハザードマップが配られても、どこまで危機意識をもって読まれているのか疑問だと指摘した。

玉川徹(テレビ朝日解説委員)「テレビで(災害リスクを)放送したって『つまらない』とチャンネルを切り換えられる。広報も届かない。全員に知らせるにはどうしたらいいのか」

羽鳥「今回の自治体対応は早かったけれど、スイッチを切られたら終わりですもんね」

住田裕子(弁護士)「オレオレ詐欺をいくら広報しても信じてしまう人がいる。最後は地域の口コミが一番強い。普段からコミュニケーションを密にしておかないと」

石原良純(タレント)「これを教訓にしていくしかない」

2018年7月9日 11時33分
J-CASTテレビウォッチ
http://news.livedoor.com/article/detail/14984437/

8: 名無し
>>1
雨ごときでこんなんなると思わないだろ。

治水弱すぎだろ。

26: 名無し
>>8
日本のニュースを見ていても
大雨の被害は毎年のようにあって
全然珍しくないんだがな

「自分だけは大丈夫」とかいう過信でもあるんじゃね?

10: 名無し
>>1
何だこいつら
視聴者が悪いってか?

14: 名無し
>>10
自己責任

5: 名無し
豪雨の状況を覚えておきたいんだが映像を見ないな。

6: 名無し
慢心、環境のちがい

9: 名無し
どこにも実例が示されていない件

12: 名無し
毎度大したことなくても避難しろ避難しろ言うからだろ
じゃあどうすれば良いのかと言われてもどうしようもないことだが

13: 名無し
そこにある危機をヤバいと思わないとは脳ミソに障害がある。

15: 名無し
町内放送とか、ほとんどの地域で割れて聴こえないけどな。

16: 名無し
レジャー用のゴムボートやライフジャケットくらいは用意しておくのがいいな。
安いものだし。

19: 名無し
愛媛県知事はしょーもないな

21: 名無し
なんだアカヒか

22: 名無し
西だからしゃーない

23: 名無し
玄倉川

24: 名無し
前の京都のときも25万人に避難指示出して人的被害なかったしな
避難指示(緊急)の上位版を作ってさらに出す場所も絞るべき

28: 名無し
自業自得なんだけど、行政が云々で賠償裁判起こす輩が出そうだな

29: 名無し
本当だよ
死人の大半はこれだろ