1: 名無し
市部でも起こり、人手不足が深刻化する。
ずっと前から分かっていた「少子化」を食い止められなかったのはなぜか。
平成不況が、到来するはずの第3次ベビーブームの前に立ちはだかっていた。

■働き手不足、暮らしにも影

 紀伊半島の緑豊かな峡谷にある奈良県上北山村の村立小中学校。2人の「生徒」が、
中学2年の国語の授業を受けていた。

 「最近地球に起きている問題は何かな?」

 平尾梨恵先生(32)の質問に元気よく「温暖化」と答える小谷陸君(13)。
続いて、隣の席から低い声があがった。「戦争ですかね」。担任の大藤優先生(22)だ。

 かつて村に五つ以上あった小中学校は統合され続け、今やここ1カ所だけ。
それでも全9学年で6人しか子どもがいない。教職員は17人。児童・生徒より先生の方が多い。

 生徒が複数いる学年は中学3年だけ。
「いろいろな人が多様な意見を持っていることがわからなくなる」と福本能久校長は心配する。
そこで、時間が空いている教師が生徒役で授業に加わる試みを、昨年から始めた。

 記者が学校を訪れた1カ月前の今年3月、村には衝撃のニュースが伝わった。
2045年、村内に14歳以下の子どもがいなくなる――。国が発表した最新の人口予測だった。
現在の人口は510人ほどで1990年の半分。これが27年後に、さらに4分の1の122人に減るという。

 民間バス会社は撤退し、周辺自治体が共同運行するバスが村外への唯一の公共交通機関だ。
しかし、最寄り駅まで1時間40分かかり、便数は今や1日1往復。
人口の減少がさらに村を不便にする「負の循環」が繰り返されてきた。
60代の商店の店主は「考えてもどうにもならない。若い人は早く都会に行けばいい」。

 人口減を食い止めようと、村も手は打ってきた。
1~18歳の子どもには毎年10万円、小学校入学時と中学校卒業時にはさらに10万円を給付。
給食費は無料で、中学生を豪ケアンズのホームステイに派遣する費用、
1人当たり50万円弱も全額、村が負担する。

続きはソースで

https://www.asahicom.jp/articles/images/AS20180606003860_commL.jpg

朝日新聞デジタル
https://www.asahi.com/articles/ASL614W4RL61ULFA01F.html

30: 名無し
>>1
新卒5年以内なら時代せい政府のせいで通るか知らんが、氷河期新卒から20年近く経つんだから、そろそろその論法も恥ずかしくなるぜ?
若い世代から「おじさん達20年間何やってたの?」聞かれて何て答えるん?

4: 名無し
食い止められなかったのは何故か?

じゃねーーよwハゲ

自分らが定年まで逃げ切れるってわかってるんなら
誰も本気で対策しねえよw

だろうが!おい!!

6: 名無し
氷河期だが同期のポンコツどもに代わって謝るわ大半はよろしくやってるよ

8: 名無し
陰謀論だとアメリカの日本破壊計画ってのが一番しっくりくる

12: 名無し
【社会】進む人口減 幻の第三次ベビーブームなど 氷河期「消費税で内税外税でもめてた時あったなw100円(税込み)おにぎりゲット!」と過去をしみじみ

(・∀・)ニヤニヤ

14: 名無し
DINKSで気軽に生きててすまんな

15: 名無し
だから移民政策だ!
   遅すぎたが、改むるにしくはない

16: 名無し
これがアベノミクス崩壊日本だな

17: 名無し
お前ら仕事してんの?

19: 名無し
子供を産んめば得する
そうなればベビーブームは来る

今は子供を産んだら負担増
今は子供を育てるより、独身貴族してた方が得する

教育費無料、子供手当、減税をやればいい
団塊世代の社会福祉費用を子供に回せば、無問題

20: 名無し
人口減少で困るのって公務員やNHKとかじゃね

21: 名無し
まぁそれなりに生きてますわ

24: 名無し
外国人女「出産一時金もらうでー」

25: 名無し
年金が75歳からになれば75歳まで働けるようになるんだろ?

26: 名無し
輪廻転生をみなが信じば、逃げ切りなんて気持ちも起きないのだろうけどね
まるでちらかすだけちらかして片付けない3歳児の様に世界を貪り尽くして、負債だけ子孫に背負わせて死ぬつもりの老人たちよ

27: 名無し
人口増えすぎて地球がもうもたんくなってんのに
経済優先の人口増とか馬鹿げてるとか思わんかね

29: 名無し
移民政策により日本人労働者が得るもの

移民の社会保障費で増税
治安の悪化
雇用の奪い合いによる賃下げ

得るものだぞ移民政策によって