1: 名無し
 『機動警察パトレイバー』『攻殻機動隊』などで知られる映画監督の押井守氏が7日、都内で行われた『ILC(国際リニアコライダー)Supporters』活動報告会に出席。「『濃い作品はいいから、商品をいっぱい作ってくれ』と言われた」と、アニメ業界の現状に危機感を示した

 科学と日本の未来、のトークテーマにちなみアニメ業界に言及した押井氏。「アニメーションは一時期、バンバン作ってきたけど、今のアニメ業界は知恵を払っちゃった。これ以下は無いだろうと落ち込んでいる」と業界の凋落を指摘した。

 「何が原因かというと人がいない。人手不足。ものすごく労働を集約してとことん現場を絞った、そういう労働に耐える人間がいなくなっちゃった。低カロリーなスカスカしたものをバンバン作っちゃうぞみたいな。『濃い作品はいいから、商品をいっぱい作ってくれ。作品はいらないから、商品を作ってくれ』と言われたこともある。ふざけんな! と思うんだけど、割と今そうなっている」と自身のエピソードを交えながら説明した。

 “作品と商品”の違いについて「物を作っている中で、僕らは子どもや若い人に向けて、アニメを観ている時だけは自分がこうなったらいいみたいな、夢のキャラクターを作るのがこの仕事だと言っていた。ただし、ひとつだけ哲学を入れろと。つまり、これが(哲学が)ないとただの商品」と力を込める。

 これを聞いた、アニメーションプロデューサーの竹内宏彰氏も「クールジャパンとして、日本のアニメや漫画、ゲームが世界で騒がれている。世界に広がり『受ける』というのが悪いことではないが、『すぐに認められて、すぐに売れる物を作れ』というオーダーが高まっている」と同調した。

 最後に押井氏は「アニメスタジオについて言えば、でかくなってから入ってきた子たちは入ってきたことで終わっちゃう。入れたことでおしまい。サッカーだとバイエルンミュンヘンに入ったことが終わりじゃない、そこから始まるんだぞと。(Production)I.Gに入ったからって自分の未来が決まったり、開けたわけじゃない」と訴え「アニメスタジオは継承されるわけじゃない。ジブリがそうだったように、20年間くらいで淘汰(とうた)されるもの。それでいいと思っている。何が大事かというと、そのサイクルの中にどれだけの人間を世の中に出したかということです」と語った。

オリコン 6/7(木) 18:37配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180607-00000371-oric-ent

4: 名無し
須藤凛々花「哲学!」

6: 名無し
金儲けしたいという哲学がある

8: 名無し
まあ今のアニメは10年後に99%消えてると思うわ

9: 名無し
ちゃんと商品になってるだけマシ

10: 名無し
飛べない豚はただの豚だ

11: 名無し
商品以上のものは求めていませんが何か?

12: 名無し
私は、この人の説教臭いの哲学商品嫌いだけどね。

13: 名無し
いつか見てみたいと保留中の天使のたまご

14: 名無し
アニメなんてただの商品だよ? それともてめーは何か高尚な芸術作品でも作ってるつもりなのかよ?

15: 名無し
イノセンスっと
おっさん二人が格言と哲学をぶつぶつ言ってて 狂ってたなw

17: 名無し
なんでこう左右に大きく振れるかね
商業主義と哲学が両立するような作品作ること考えればいいのに

18: 名無し
よく角川の川上と対談してたが、川上に言った事あるのか?

19: 名無し
鳥山明はただかっこいいと思ってずっと書いてた
哲学もなにもない

21: 名無し
たしかに変なの作ってた新海が売れたしな

22: 名無し
別に商品でもいいと思うのだが

23: 名無し
ぜひとも天使のたまごについて語って欲しい

24: 名無し
押井の存在は、現在(いま)のアニメ業界に必要。
しかし、押井の監督した実写映画は世の中に必要だろうか?

高畑、宮崎、押井がいるから、アニメ業界は面白い。
高畑が死に、近いうちに宮崎も押井を死ぬのだろう・・ 今が死んだいま
後継者はだれ? 細田? 原? 新海? 庵野? 川尻? いない、いない、いるわけがない

25: 名無し
ロボ嫌いなのにパトレイバーに関わってぼろカスにした戦犯のくせに

27: 名無し
イノセンスとスカイクロラが一因だろwwww

28: 名無し
商品価値大切だよな。商品バカにする哲学はダメだと思う。

30: 名無し
他人の名言詰め合わせただけじゃん