1: 名無し
いま筆者は、シリコンバレーでこの原稿を書いている。今年2月の訪問に続いて、またやって来た。今年3月末から4月初旬にかけては、有望なスタートアップ企業が集まる「紅いシリコンバレー」と言われる中国・深?にも出向いた。

本稿では、米国・中国の取材を通じて感じたことをお伝えしよう。

米中の最先端都市で立て続けに取材し、筆者が感じた共通項が2つある。それは「スピード」と「若さ」だ。とにかく経営の意思決定や現場での判断が素早い。それと、若い経営者と幹部社員が多い。

シリコンバレーのあるインキュベーションオフィスでは、「ゴキブリたれ!」と書かれた絵が張られていた。ゴキブリのように素早く動いて、しぶとく生きろというメッセージだ。中国の工作機械・ロボット関連の新興企業でも、社是の一つは「今やる!すぐやる!私がやる!」だった。社長は30歳の元大学教員、やり手の女性営業部長は20代後半だ。

日本企業は、このスピード感についていけず、率直に言って米国や中国ではバカにされていた。米国では、ベンチャーキャピタルの人からこんなことを言われた。

「日本の大企業はシリコンバレーによくやって来るが、1週間で投資決断できるようなことを、本社で稟議書を回して半年以上かけて決断する。この間にビジネスの環境は変わる。米国のベンチャー企業は、日本の大企業とは組みたくないというのが本音ですよ」

昨年、イスラエルの投資セミナーを取材した際にも、冒頭で講演したイスラエル人が、「最近、日本企業はイスラエルにオフィスを設立しているが、なかなかビジネスに結びつかない。その理由はすぐに決めないからだ。日本企業は、提携や投資などを最終決定するのに時間がかかり過ぎる。今日は、決められない人は帰ってください」と言っていた。

どうやら、日本企業は「決められない病」にかかっている、と世界からはみなされているようだ。その原因は何か。筆者の独断と偏見も入るが、「PDCAサイクル」へのこだわり過ぎにあるように思えてならない。

よく知られている通り、PDCAとは、P(プラン=計画)、D(ドゥ=実行)、C(チェック=確認)、A(アクション=再実行)のことだ。Aの後にS(スタンダイゼーション=標準化)が来る。P→D→C→A→Sのサイクルを繰り返すことで、標準作業の水準を高められる。日本のビジネス書でもこのPDCAに関する書籍が多く出版されており、ビジネスマンの教科書的な位置づけのものもある。

PDCAは、製造や品質管理の現場のマネジメント手法としては重要だ。「解」が分かっている仕事を着実にこなして、仕事のレベルを高めていくという意味においてだ。追いつき追い越せの時代に、高品質な製品を効率的に大量生産する時代には有効な経営テクニックだったということだろう。

昨今、国内では神戸製鋼所や三菱マテリアル系企業での品質不正問題が発覚したが、こうした企業では、PDCAサイクルを回す基本がしっかりできていないのではないかと見られる。

「D(実行)」から入ってみなはれ
しかし、時代の先行きが不透明な時代、すなわち「正しい解」が何か分からない時代にPDCAサイクルにこだわり過ぎると、物事が先に進まなくなってしまう。そもそも先が読めないのだから、その時点で緻密な計画の立てようもないからだ。

そこを日本の企業は、「Pづくり」にこだわり過ぎて、社内調整に時間を浪費しているように見えてしまう。そして、綿密に作った計画をようやく実行に移そうとしても、時代の流れが速いので、計画自体が陳腐化してしまう。

要は、先が見通せない時代には、誰かがリスクを取ってやってみるしかない。しかし日本企業では、無意味なコンプライアンス強化や成功体験への安住なども影響して、社内の基準やルールに合致しないことには挑戦しづらい風土が少なからずある。その基準やルール自体が時代遅れになっているかもしれないのに、だ。

現在は、「非連続のイノベーションの時代」とも言われる。これは端的に言えば、製品開発などの面において、過去の成功体験に安住していてはヒット商品は生まれないということである。もっと過激に言うと、「今日の勝者」があっという間に「明日の敗者」になってしまいかねないということでもある。
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/55957

3: 名無し
どこのクソコンサルだよ
いちいちPDCAなんて言葉使わなくても大昔からやってるっての
アホか

13: 名無し
>>3
全くだよな

4: 名無し
だって日本って再チャレンジが認められない国だから責任とれないようなことできるわけねーじゃん。。
一回失敗したら死ぬ寸前まで叩かれまくるんだぜ?

5: 名無し
実力もないものがそれをやると自滅する

7: 名無し
>>5
別に会社が死んでも人死にが出るわけじゃないしってのがベンチャーの気質なんだけどな。

9: 名無し
>>5
だから、リスク覚悟でやらなければならない局面もあるといっているんだろ
それができないのなら先はないといっているの

23: 名無し
>>9
ああ、ベンチャー限定の話ね。
うちの古い保守的会社で考えると自分でリスクとってやるとかアホらしいからな
雇われがそこまでやる気になる仕組みとかあるんかねぇ。

10: 名無し
失敗したら地面に埋めてオシマイ
の国になるのはちょっと

11: 名無し
PDCAなんて単に業務プロセスの一概念に過ぎない
要はそれを使う人次第、つまり人が劣ってるってこと

12: 名無し
テスラみたいに未完成で発売ですね

14: 名無し
シリコンバレーでみた企業 
→ベンチャー
深センでみた企業
→ベンチャー

日本でみた企業
→都内の大手

そらそうだろ、、アメリカや中国の古い大企業をみれば日本となんもかわりませんよ

要は都内からベンチャーが育ってないから悪いわけで

15: 名無し
昭和16年夏の敗戦

16: 名無し
今に始まったことじゃない

18: 名無し
本これ
日本じゃリスクとか役所への伺いがあり、国民性として慎重派が多いため、なかなか決断できない
そのためルンバも出せなかったしiPhoneも出せなかった

似たようなものを出したのは既に市場が独占されたあと

19: 名無し
PDCA のせいにすんな、PDCA が可哀想だろうが

不必要な三大財閥や、電通、総合商社などを早く市場から退場させないから悪いんだよ

20: 名無し
PDCAという用語を知らなくても誰でも意識はしているが、
おそらく勘と経験が頼りになってしまい、あまり体系化されていないんだろうな

やはりPMBOKみたいなのを学んだほうがいいんだろうか

21: 名無し
PDCAからCAP-Doへ、とは聞いていたが、
今度はDo-CAPか。違う意味に捉えられそう。

22: 名無し
バカか。
トップをすげ替えりゃ日本の病なんか解決するわ。
シャープと東芝見てみろよ。

24: 名無し
だいたい論理が成り立ってないじゃい

シリコンバレーや深センの企業はPDCA やってないの?
そもそも比較すらしてないじゃない

25: 名無し
決定権のあるマネージメントがオフィスに居座っているだけだろう。
PDCAなんて関係ない