1: 名無し
 既報のとおり、4月30日にリリースされたWindows 10の「April Update 2018(RS4、バージョン1803)」の
修正パッチであるKB4103721において、不具合が発生しているとの報告が上がっていることを
お伝えした(Windows 10“April Update 2018”の修正パッチで起動不能問題発生か)。

 今回これとはまた別の問題として、Intel製コンシューマ向けNVMe M.2 SSDの「Intel SSD 600p」
シリーズおよび、ビジネス向けの「Intel SSD Pro 6000p」を使用したシステムにおいて、
April Update 2018を適用すると、システムがクラッシュしてしまう問題が発生しているようだ。

 Microsoftの公式フォーラムの投稿によれば、同SSDのシステムでApril Update 2018にアップデート
したさいに、クラッシュが発生し、マシンの再起動後にBIOS(UEFI)画面に突入してしまうという。

 現在Microsoftは、OEMパートナーやIntelと協力し、この問題に取り組んでいるとのことで、
同SSDへのApril Update 2018へのインストールがWindows Updateから行なわれないように
ブロックしているという。

 Microsoftは、もしもApril Update 2018にアップデートした後にこうした症状が発生した場合は、
Fall Creators Update(RS3、バージョン1709)に戻すことを推奨している。

8: 名無し
>>1
Windows XP最強伝説は続くよ。

2: 名無し
アプデでデータどころか使用環境によってはシステム全体が破壊されるのか
スゲエ事だな

3: 名無し
intel ともMicrosoft とも オサラバ すべきというこですね

4: 名無し
>>3
今は amd と Ubuntu が鉄板だな

7: 名無し
>>4
うぶんつも使っているワイとしては流石にそれはないかと…

29: 名無し
>>4 >>7
UbuntuをトランセンドSSDで一年ほど使ってるけど快適だ
クラッシュも固まったことも一度もない
WINにおさらばして良かったわ

5: 名無し
大事故じゃねえか
  

6: 名無し
強制アップデートを簡単にOFFできるスイッチを希望んぬ。

9: 名無し
強制アップデートなのに、起動に致命的に不具合って
もはやウイルスだろ……早くオフ設定作ってくれ。
顧客対応で死ねる。

10: 名無し
サンデスクでよかったわい

11: 名無し
何やってんだよ
こんなんばっかだな

12: 名無し
SSDがクラッシュとか致命傷っていうか死亡じゃん

13: 名無し
fallback

14: 名無し
選んで良かったサムチョンSSD!

15: 名無し
やっぱりハードディスクのほうがええやん

16: 名無し
せやから言うたやろ

17: 名無し
winME並になってきたな。
ファイルが突然消えるとか出てくるんだろ

18: 名無し
デバイスが無効になるんだろ

19: 名無し
無駄機能追加アプデもうやめろ
セキュリティパッチだけにしとけよ

20: 名無し
いろんなソフトの設定ファイルが
勝手にユーザープロファイルフォルダに移動させられて
今までの設定が消える

Windows10になってから特にひでえ

21: 名無し
intelは逝ってる

22: 名無し
やっぱり日立や東芝製のSSDに限るな

23: 名無し
10から7に戻しといて良かったわ^^

24: 名無し
そんな事が起こりうるアプデなんて
intelじゃなかったら泣き寝入りの可能性が

27: 名無し
アップデしてからEDGEが使えないぞ。我が家の3台のPC全部そうなったからアップデの影響に間違いない。
EDGEってWIN10専用なのに、使えなくしてどうすんだよ。

28: 名無し
いつでも最新にってのはPC本体も含めてのコトだったのだな
それが出来るのが勝ち組であると
うちは一年半継続できた
自慢できるうちにしとかないとな

30: 名無し
SSDがクラッシュしているのに、
推奨の方法を取れるの?無理じゃない?