1: 名無し
 一橋大学のロースクールに通うゲイの大学院生Aさんが、同性の同級生Zさんに好意を持っていることを告白したのは、2015年のちょうど今頃、4月のことだった。

春とともに新学期を迎え、大学のキャンパスが新入生の初々しい表情で華やぐ中、どんな思いでAさんは告白し、返事の言葉を受けとっただろうか。

その事件を取材した記事によると、告白された同級生は、その気持ちには応えられないがこれまでと同じように友人でいようと答えたという。

その断りの言葉は、もちろん何も問題ではない。

私も、教えている大学などで、「自分は同性は好きにはならないけど、同性の友人から告白された、どうしたらいいでしょうか」という相談を何度か受けたことある。

答えは簡単だ。

自分が付き合う対象とならない異性に告白されたのと同じように返答すればいいだけのことだ。

Aさんも、返事そのものによって精神的に参ったという報告はない。

むしろきっと、これは想像にすぎないが、好意を寄せる相手に、自分がゲイであることを伝えられて、でも、これからも同じような友人関係でいられるということは嬉しかった思いすらあったのではないだろうか。

だからこそ、その言葉とは裏腹となるZさんの行動はAさんを深く傷つけてしまったのではないか。

その告白から2ヵ月半ほどして、Zさんは、Aさんや他の友人で構成されるLINEのグループで、突然、「おれもうおまえがゲイであることを隠しておくのムリだ。ごめん。」と書き込んでしまったのだ。

そのときには、Aさんは、気丈にふるまい、「たとえそうだとしても何がある?笑」と返答した。だが、それをきっかけとして、Aさんはパニック発作が起きるようになり、心療内科にも通い、Zさんと顔を合わせる授業や試験にも出られなくなってしまった。

Aさんは、一橋大学のハラスメント相談室にも行くのだが、そこでは、「性同一性障害」を専門とするクリニックの受診を勧められたという。

同性愛と「性同一性障害」は別の事柄だ。自分のことが理解されていないと感じたであろう彼の気持ちを考えるとやるせない。

そして、その年の8月24日、彼は亡くなってしまう。彼が大学の校舎の6階ベランダ部分に手をかけぶら下がっているのを発見した人がおり、救助を呼んだものの間に合わず、転落死してしまったのだった。

この事件が広く知られるようになったのは、Aさんのご家族が裁判を起こし、そのことがネットニュースで詳細に報じられたからだ。それ以来、「アウティング」という言葉もよく耳にするようになった。

アウティングとは、誰かの性的指向や性自認を、本人の許可なく誰かにばらすことをいう(性的指向とは、どの性別に惹かれるかということであり、最近私はその意味がはっきりするように「指向性別」と言ったりするようにしているが、ここでは定着している性的指向を用いる)。

8: 名無し
>>1

続き

今や日本でも定着している「カミングアウト」は、今は、自分が「隠していたこと」を誰かに話すという広い意味で使われるが、もともとは、自ら自分の性的指向や性自認を言うことを指す言葉だった。

アウティングという表現はそこから来ている。自分の性的指向や性自認を周囲に言わないことを、米国では、「クローゼット(押入れ)にいる」という言葉で表現したりする。

そこから出ることがカミングアウトなのだが、アウティングとは、そこから乱暴に放り出されるイメージと言ってもいいだろう。

アウティングに関する取り組みの始まり

この事件の衝撃の大きさは、今年4月1日に、(一橋大学のある)国立市が、アウティングの禁止を含む「国立市女性と男性及び多様な性の平等参画を推進する条例」を施行したことや、筑波大学が昨年作成したLGBT等に関する「基本理念とガイドライン」を今年改訂する中でアウティングに関する項目を増やしたことに現れている。

国立市の条例では、基本理念として「性的指向、性自認等に関する公表の自由か個人の権利として保障されること」が謳われている。

その上で、条文で「何人も、性的指向、性自認等の公表に関して、いかなる場合も、強制し、 若しくは禁止し、又は本人の意に反して公にしてはならない」と記されている。

国立市の条例では、明確にカミングアウトすることを権利として認めた上で、アウティングを禁止していることが素晴らしいと思うし、また、筑波大学の、丁寧につくられたガイドラインは、今後、大学などでの一つのモデルとなりうるものだと私は考えている。

続きはソースで

 

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/55338 
忘れられないあるゲイの死 

13: 名無し
>>1
聞きたくもない性的指向を聞かされたらアウティング罪ってのを作って罰するべきだと思うね

16: 名無し
>>1
これはAUTO

24: 名無し
>>1
模範回答「じょ、冗談だろ?

相手の反応:
「そ、そうに決まってんじゃん💦」⇒とりあえず不問。
「本気だよ!グイッ」⇒強制性交等罪でお巡りさん呼ぶ。

3: 名無し
ゲイによるセクハラ事件

4: 名無し
ゲイの死

5: 名無し
国立三小
国立一中
国立高校
一橋大学

こんな奴、いるのかな

6: 名無し
「キンモー」と言う

7: 名無し
変態に好かれる当人の気持ちは無視かよ、サブイボだ

9: 名無し
お前らはホモだとよくわからないだろうけど、
ハゲばらされると思ったらよくわかる

10: 名無し
遺族が一番酷くてワロタ

11: 名無し
ノンケに愛の告白するのが筋違い

12: 名無し
LGBTのまえにメンヘラを公言したほうがいいだろ

14: 名無し
縁を切る

15: 名無し
告白されたZさんは告白した身勝手な男よりもよりも多大な負担がかかったと思うけどな
そこを全く考慮されていないこの記事の身勝手さ

18: 名無し
とはいえ、キモい。
断った女とならその後も遊べるが、男は嫌。

19: 名無し
一方的に聞きたくもないこと聞かされて、しかも守秘義務を
負わせるんだろ?LGBTはいったい何様?

20: 名無し
しつこく迫られたから自衛の為にバラしたとかそんな風に聞いたんだが違うのか

27: 名無し
>>20
一度断ってもその後何をされるかわからないからな
相手の気持ちも考えず身勝手に告白するような男が一度断ったくらいで
おとなしくなるわけがないし同じ関係なんて続けられるわけがない

29: 名無し
>>20
断って3ヶ月ぐらい付き纏われてる

21: 名無し
一方的に言論の自由を奪うのは憲法違反なので無効

22: 名無し
問題は同性だから更衣室や風呂トイレが同じになるわけで
いやらしい好意を持ってる人と合法的な裸の付き合いをしなくてはいけないわけで

26: 名無し
もう鬱陶しい

28: 名無し
第三者に相談する場合
「あいつ(異性)に告られて断ったのにしつこくて困ってるんだよね」→OK
「あいつ(同性)に告られて断ったのにしつこくて困ってるんだよね」→OUT
ってことか