1: 名無し
200万タイトルに及ぶ書籍を分析した結果から、著者名に女性の名前が入っている本は男性の本に比べて価格が45%も低く、およそ半分の値段で販売されているという実態が明らかになっています。

この実態を明らかにしたのは、ニューヨーク市立大学クイーンズ校の社会学者であるダナ・ベス・ワインバーグ氏と数学者のアダム・カペルナー氏の研究チームです。ワインバーグ氏は、出版の世界は著者・評論家の両面で男性によって支配されて偏りが生じていることを明らかにした2017年10月のGuardianの記事に関心を持ったことから、今回の調査を行うことを決めたとのこと。この調査についてワインバーグ氏は「我々の研究では、『著書のジャンルにおけるジェンダーの分離』『ジャンルごとの価値の違い』『ジャンル内での差異』の3つの点を調査しています」と述べています。

チームは、2002年から2012年の間に北米で出版された200万タイトルの書籍を分析。その際には、男女の名前が記録されたデータベースを用いて著者の性別を分類し、価格・ジャンル・出版に関する情報を収集しました。

その結果判明したのが、「女性の著者による書籍は、男性による書籍に比べて価格が平均して45%低い」という事実でした。また、女性であることが明白ではないものの、女性とおぼしき著者による本の価格も、男性の著書に比べて9%価格が低かったということも明らかにされています。

さらに、ジャンルにおいてもジェンダー間で違いが存在することが明らかにされています。女性はロマンス作品などのジャンルで多数を占めており、この偏りも男女で平均価格が異なる原因の一つであるとのこと。科学分野など、単価が高く設定されるジャンルは男性が大多数を占め、価格が低くなりがちなロマンス系で女性が多いという傾向も、女性による著書の平均単価を引き下げる要因となっています。

ジャンルの偏りという要因はあるものの、なぜこれほどまでに男女間で著書の価格が大きく異なるのかについては明らかでない部分も多く残されています。ワインバーグ氏はその原因の一つを社会に存在するジェンダー間の格差であるとし、「私たちは、最初の2つの差異を考慮することでジェンダー間の違いを説明できると考えていましたが、それは間違いでした。3つめの点『ジャンル内での差異』においてもその違いは歴然としていました。今思えば、社会一般的にも男女間で収入格差が存在することを考えると、この違いは驚くべきものではなかったのかもしれません」と述べ、単なるジャンルの違いではなく、より大きな社会という枠組みの中でジェンダー間での価格の違いが生じていることを示唆しています。

研究チームでは、従来の大手出版社からの書籍と併せて個人出版による書籍の価格も調査しています。その結果からは、個人出版の世界ではジェンダー間の価格差は7%とぐっと縮まっていることが明らかになっています。この結果についてワインバーグ氏は「出版社が介在しない場合、ジェンダー間の差異は少なくなっていますが、それでもなお同じパターンの傾向は存在しています」とし、その理由は旧来の出版社に存在する性差別的な概念の存在を指摘しています。

この結果に関しては、女性作家から「失望させられるものだが、驚きではない」「女性は男性に比べ、賛同的であるように社会的に求められているという事実があり、出版社のエージェントに対してより多くを求めてプッシュすることに対しるためらいがあるのではないか」などの声が挙がっており、特に旧来の出版業界の中にはまだまだ男性優位的な考え方が残っているという見方が示されています。
2018年05月10日 06時30分00秒
https://gigazine.net/news/20180510-women-book-half-price/

7: 名無し
>>1

こういう馬鹿な統計は面白すぎる。
「絶対」という偏りの重み付けをする理由は、左巻きだからかな

少なくとも、この通りの定義とはならない

2: 名無し
女の文章には、オチがない

3: 名無し
男のペンネームにしたら倍の値段で売れる

28: 名無し
>>3
俺もそう思った。
ペンネームで書いてみれば良い。

>>25
俺もそう思う。
金が欲しいのであれば分野を変えれば良い。

4: 名無し
タバコが健康に悪いとかいうような統計と同じだろ、結果は調べる前に分かってる

5: 名無し
面白くない本は安くしないと売れないからじゃないの
男女差別とは関係ないと思うんだけど
質の問題をすり替えるな

6: 名無し
女の書く本は、つまらないから安くしないと売れないんじゃないのか

8: 名無し
単純につまらんからだろw

9: 名無し
売れないからと言う事は無いのか?
これに実際の売上げ部数も調べて比較調査しないと
一方的な評価としかならないと思うが

それにジャンルで男女比も価格も違うと言っていて、この分析は偏ってると思う
同じジャンル内ではどうなんだ?となると思うが
この調査は結果ありきで無理やりその方向に結論付けてるように
この記事からは見れるな

10: 名無し
はいはい、男女平等、男女平等!!

11: 名無し
同じジャンル内でも女の場合はありまぁす!とかだから

12: 名無し
「女性の名前で書かれた本には男性名のそれに比べて半分の価値しかない」
とか言うとえらく叩かれそうだよね。

同じ価値の内容が半分の値段で売られてるのか、
値段が適切に内容の価値を表してるのか、この記事じゃ分からんでしょ。

13: 名無し
女の文章って、頭の中にあるものを吐き出す感じだけど、
男は整理してまとめてる感じがするね
まあ、偏見ですけどw

14: 名無し
中身というか購読層の所為でね?

15: 名無し
女が書く本はよく売れるから値段を下げれる
男が書く本は余り売れないから値段が高くなる

18: 名無し
>>15
投げ売りやバッタモンのケースは?

16: 名無し
まーたこの結果に文句言うフェミやら平等バカがわいてくるわ
市場原理なんだからつうても通用しないのがこいつらのレベル

17: 名無し
・・・濡れ衣?

19: 名無し
発行部数の問題者じゃね?
オッサンが書いた微生物の学術本はクソ高いぞw

26: 名無し
>>19
というか売り上げの話で無く一冊辺り単価の話ですもんねぇ
記事にある通り娯楽小説(ロマンス系)が多いのでハードカバーの類いで無く文庫や新書の形態が多いと

20: 名無し
ただ単に女作家の平均能力が低いだけだろ

21: 名無し
なんでも性差別にするなよ

22: 名無し
資本主義の否定かよ

23: 名無し
男の本は専門的過ぎて大衆向けじゃないから。高くしないと採算合わないんじゃね?

24: 名無し
女性の芸術家とか映画監督とか作家とかゲームクリエとか、、、。

総じてつまらないモノが多い。大河ドラマ見りゃわかる。

25: 名無し
>科学分野など、単価が高く設定されるジャンルは男性が大多数を占め、価格が低くなりがちなロマンス系で女性が多いという傾向

普通にこれが理由だろ

27: 名無し
女は雑誌ばっかり読むからだろw

29: 名無し
それ専門書だろ。
統計のマジックだな。

専門書…男が多い。価格が高い。
小説…男女差なし
絵本…女性多い。価格安い。

とかじゃね?