1: 名無し
■不倫、バッシング、離婚振り返る

乙武洋匡さん「生きていても無駄…魂抜けた」活動自粛期間メディアに初激白
スポーツ報知のインタビューに応える乙武洋匡
 一昨年、複数女性との不倫が明らかになり、活動を自粛していた作家・乙武洋匡さん(42)がスポーツ報知の単独インタビューに応じた。メディアで心境を語るのは初めて。大バッシングを受けることになった週刊誌報道後から現在まで、うわさされる新恋人についてや今後について偽らざる胸中を明かした。

 16年3月、週刊誌に不倫を報じられて以来、表立った活動を自粛した乙武さん。01年に結婚した早大時代の1年後輩妻との離婚を9月に発表した後も、自宅に引きこもる日々だった。

 「何も考えられない状態でしたね。感情を失って、ボケーッとしてる間に日にちがたっていくみたいな。社会の役に立ちたい、そのために力を尽くしたいと思っていたのに、もうできないのか、と。生きていても無駄、までは言い過ぎですが、急に人生の目的を失って魂が抜けたようでした」

 「自業自得」という言葉を何度も繰り返し、反省の弁を述べる乙武さんだが、世間のバッシングは想像以上のものだったという。

 「僕が他人のプライベートに全く関心がないので、こんなにも他人のプライベートに干渉したい人が多いんだなと驚かされました。その方々の怒りを買うことをしたんだと受け入れるしかなかったですね」

 周囲の気遣いに救われた。
 「家族も仕事も財産も社会的信用も、何もかも失ったな、と落ち込んでいました。でも、その間にもいろんな方がメッセージをくださって。一番失っちゃいけない“人”という財産だけは失わずに済んだんだな、と。それまでも支えられてきた思いはありましたが、この2年ほどいろんな方に支えられていることを実感して、感謝した時期はありません。(ダウンタウン)松本さんの『乙武さんは必要な人なんで』という言葉も大きな支えになりました。あれは忘れられません」

■1年かけ“37か国”訪問 視野広がった

乙武洋匡さん「生きていても無駄…魂抜けた」活動自粛期間メディアに初激白
東アフリカのルワンダ共和国を訪ねた乙武さん
 再スタートを切ったのは昨年3月。知見を広めるため海外に出た。約1年間かけ、欧州、アフリカ、北中米、オセアニア、アジアの37の国と地域を歴訪。パレスチナのガザ地区では支援活動に関わり、スリランカ、スイスでは講演も行った。

 「(報道後)最初の1年はそんな気分にもなれなかったですが、ゆっくり海外を回る機会を持てずにいたので、いい機会だと。日本が改善すべき点や、逆に素晴らしいと感じる点、両面の視点が増えたのはよかった。今後の自分にとっても大きな1年になりました」

 取材活動も再開。2020年には東京五輪パラリンピックが控えている。東京大会への参考になれば、と12年の英国ロンドンでのパラリンピックが「史上最も成功した大会」になった理由を関係者から探った。約5か月間の欧州生活では気づかされることも多かった。

 「ロンドンは東京と同じように忙しい街だと思っていたんですが、本当に働かない(苦笑)。仕事は遅い、ミスは多い、メールの返信はない、5時には帰る…。驚くことの連続でした。最初はイライラすることが多かったんですが、しばらくすると、東京とどっちが健全な社会なのかなと感じるようになった。私的な時間を充実させるために仕事をする、という優先順位がはっきり伝わってきて、不便だけど、健全なのはこっちかなと考えさせられました」

 助け合いの精神が人々の間に根付いている。

 「ロンドンの地下鉄は、バリアフリー的には日本よりひどいんです。エレベーターがある駅の方が少ない。ところが、ベビーカーのお母さんも普通に出掛けて地下鉄に乗ろうとする。それは、階段の上で待っていると誰かがベビーカーを抱えて下りてくれるから。人の助けというのがインフラに組み込まれているんですね」

 対して日本は。

 「自分でできない人間が、手伝ってくれることを前提に出掛けたら日本ではバッシングを受けますよね。バリアフリーに関して、東京は世界でもトップクラスだと思いますが、人が手伝ってくれる割合というのはワーストに近い。それは不親切だから手伝ってくれないのじゃなく、慣れていないから、どうしたらいいのか分からない、というのが大きいのかなと思いますね」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180424-00010007-spht-ent

4/24(火) 14:10配信 
スポーツ報知 

4: 名無し
>>1
女連れて行って入店断られた店に難癖つけてるだけの馬鹿。

2: 名無し
それすらも金にしてる?

13: 名無し
>>2で終わっていた

3: 名無し
自業自得としか

5: 名無し
家族を裏切ったんだから当然の報い
加害者であることを忘れるな

7: 名無し
松本「俺そんなこと言うたっけ?」

8: 名無し
五体不満足に産まれて生きているのが奇跡
少しぐらいの嵌め外しは大目に見てる
優しい女性に巡り合ってほしいものだ

9: 名無し
公務員のお仕事

「明日、早いんですか?」「俺、いま暇だから」「なにやっているんですか?」
「朝、来て新聞を読んで。うんこして話を聞いて、夕方から飲んで終わりだよ」
っていう。こういうことを言っているわけですよね。

10: 名無し
なら消えろ
戦車

12: 名無し
魂じゃなくて、そうやって被害者ヅラする悪い癖から抜いていきましょうよ

14: 名無し
あれ?なぜか悲劇の人みたいになってる
同情されたいのかな?

16: 名無し
身近な人間を疎かにするような奴に限って世界がどうの日本がどうのとでかい事やりたがる
救世主妄想

17: 名無し
どこぞにセットしてどうするんだっけ?

20: 名無し
そんなネガティブな事言わないで世の中の障害者に勇気ください。

21: 名無し
イメージ悪すぎて政治家もタレントも無理では?
あとこの手の論客山ほどいるしね今

23: 名無し
仕事減ったし収入も激減してるだろ
介助してくれる人雇えるだけの金はないとキツくね?

25: 名無し
こいつの頭ん中には自業自得という言葉が無いんだろうな

26: 名無し
そんな金どこにあんの?
世界数十国を回る滞在する
支援者はいるんだろ

27: 名無し
乙武が叩かれるのは他人に介入したいとか出る杭は打たれるとはまた別の問題
立場利用した悪行と、最近だと政治への介入が大きい
ひっそりと暮らす分には自由にしたらいいが、
政治介入は許さん

30: 名無し
破綻した奴だが、こんな体に生まれちゃ歪むのも仕方ないよ
もう表に出てくんなひっそり生きろ

37: 名無し
>>30
完全同意。
いちいち表に出てくる必要は微塵もない。
もう、この人の役割(?)は、とっくに終わってるし。
ひっそり生きれば良いと思う。そっちのほうが好感度上がりそうだし。

31: 名無し
常に被害者モード全開

33: 名無し
海外に足しげくかよってたんだね
次は金のわらじ履いて嫁さがして東京パラリンピックで再ブレイクだ

34: 名無し
この人作家だったの?

36: 名無し
構ってちゃん

39: 名無し
生きてる意味が分からなくなったのは元嫁の方だろう