1: 名無し
何しろ週に14本なのだ。現在のテレビ界で断トツの人気者であることは論を俟たない。まずは所属事務所の公式サイトなどから、上田晋也(47)の出演番組を見てみよう。

 ***

◇日曜
【1】「上田晋也の日本メダル話」(日本テレビ系列/17:00~17:25)
【2】「おしゃれイズム」(同/22:00~22:30)
【3】「Going!  Sports & News」(同/23:55~24:55)
【4】「ストロングポイント」(BS日テレ/18:00~18:30)

◇月曜
【5】「しゃべくり007」(日本テレビ系列/22:00~23:00)

◇火曜
【6】「今夜はナゾトレ」(フジテレビ系列/19:00~19:57)
【7】「太田上田」(中京テレビなど/24:29~24:54)

◇水曜
【8】「くりぃむクイズ ミラクル9」(テレビ朝日系列/20:00~20:54)

◇木曜
【9】「日本人の3割しか知らないこと くりぃむしちゅーのハナタカ! 優越館」(テレビ朝日系列/19:00~20:00)
【10】「上田ちゃんネル」(CSテレビ朝日/25:00~26:00)

◇金曜
【11】「くりぃむナンチャラ」(テレビ朝日系列/26:20~26:50)

◇土曜
【12】「上田晋也のサタデージャーナル」(TBS系列/5:30~6:15)
【13】「世界一受けたい授業」(日本テレビ系列/19:56~20:54)
【14】「Going!  Sports & News」(日本テレビ系列/23:55~24:55)

リアルを捨てても取る「安心感」

働き方改革が話題の時代に、上田晋也は毎日、テレビに出ている。ここまで売れっ子だと、逆に視聴者が「休め」と要求してもおかしくない気もするが……と、閑話休題。上田の人気の秘密はどこにあるのだろうか。
さるテレビ局関係者が、面白い事実を明かしてくれた。上田の番組にゲスト出演した芸能人やスポーツ選手などの著名人は「収録が終わると100%満足して、次も出たいと願って帰っていく」のだという。

「内幕を明かすと、非常に簡単な話ではあります。上田さんはスタッフと入念に打ち合わせをした後、しっかりゲスト出演者とも話し合う時間を確保します。そして、番組の進行だけでなく、
自分がどうツッコミを入れ、どう笑いを取っていくかまで明かしてしまうんです。

ところが、簡単な話でも、これはダウンタウンのお二人(共に54)や明石家さんまさん(62)を筆頭に、お笑い出身のMCは誰もやらない方法です。
なぜなら、笑いの重要な要素であるリアルなやり取りが死んでしまうからです。もちろん上田さんもそんなことは分かっています。あえてゲストと丁々発止のやり取りを交わすより、出演者に安心してもらうことを優先するんです。

これが成功したわけですから、ある種のコロンブスの卵かもしれません」
上田の番組には、トークが苦手な俳優やスポーツ選手、イメージを気にする女優も出演する。手の内を明かすことで、彼らはリラックスして番組に楽しんで参加できることが、最大のメリットだという。

つづく

4/16(月) 7:00配信 ディリー新潮
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180416-00540802-shincho-ent

2: 名無し
出演者が満足すれば、視聴者も満足

「きっちりと構成した進行通りに進みますから、ゲストが『こんなコーナーがあるなんて聞いていない』とか『これほどいじられるなら放送してほしくない』などといったトラブルが皆無です。
局の幹部やプロデューサーにとって、こんなに有能なMCは存在しません。もちろん内輪の論理を優先しているわけでもありません。

番組収録の楽しい雰囲気は当然、視聴者にも伝わります。番組の安心感、安定感を生む重要な素地です。“お茶の間”は死語かもしれませんが、
視聴者を選ばず、老若男女の誰もが楽しむことができます。上田の必殺技であるウンチク話も、入念な打ち合わせと現場の雰囲気が良好であればこそ成り立つんです」(同・テレビ局関係者)

どんな作り手も、プロ意識を持って番組制作に当たっているだろう。しかしながら、丁寧な仕事に勝るものはない。ゲストが満足しなければ、視聴者が面白く思うはずもない。上田のアプローチは、やはり正真正銘の王道なのだろう。

それにしても繰り返しになるが、週に14本だ。ちなみに有田は10本だが、こちらだって普通は激務と形容されるだろう。さらにプラス4本となると、素人の想像の域を超える。
しかも、全ての番組で入念な打ち合わせをしているとなると、本当に休む暇はあるのだろうか。

ちなみにネット上で、「おしゃれイズム」だと思われるが、上田が小嶋陽菜(29)に投げかけた「あまり休みない中さ、家ではどういうことをやっているの?」との質問が拡散している。
だが、答えを教えてほしいのは、むしろ上田のほうだという視聴者も多いに違いない。

週刊新潮WEB取材班
写真
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20180416-00540802-shincho-000-view.jpg

3: 名無し
邪悪なお兄さん

4: 名無し
こいつの笑い方が嫌い

5: 名無し
このコンビのオールナイトニッポンが一番面白かったけど、
そりゃラジオやる時間ないな

6: 名無し
がんじがらめだな。辛いだろう。

7: 名無し
目は死んでるけどな

8: 名無し
「緊張と緩和」なんだよな
元々ヤンキーだった上田の番組に出る前は緊張する
それが無事に終わった時はホッとして緩和され、満足したと勘違いしてしまう
元々のスタートがマイナスなのだ

22: 名無し
>>8
上田がヤンキーだったなんてキモヲタのお前くらいしか知らん

9: 名無し
上田って面白いことを言ってるイメージはないんだが、
真面目なだけなのに仕事切れないね。

10: 名無し
ガハッ

11: 名無し
武井壮は上田ショーに不満があったみたいだが

12: 名無し
マックミランだからねぇ

13: 名無し
全然ピンとこねえ
どの番組も見てねえわ

14: 名無し
全く面白くない

15: 名無し
コロンブスの卵も何も、昔は脚本通りに演出していた
それがいつの間に芸人がか勝手にやるようになり
そっちの方がウケるから芸人任せになるようになった
最初から打ち合わせをするということは昔に戻っただけの話

16: 名無し
リングの上でのウンチク
凄すぎて夜中引き込まれたわ
ウッチャンナンチャン軍は皆いいね

中島知子ぉぉぉおw

17: 名無し
上田晋也は良いんだが、有田哲平の小学校低学年レベルのボケには毎回ブチ切れる。
何で、こんなバカがテレビに出れるんだ。全部上田晋也のおかげだろう。

35: 名無し
>>17
昔ボケとツッコミが逆だったこと、有田も上田もそれなりの大学出てることぐらいは知ってからバカにしろ。

40: 名無し
>>35
正確には出てるんじゃなくて入学した、だな

18: 名無し
元祖うんちく王

19: 名無し
ぞろぞろぞろぞろついてきてっけどこれロッキーの撮影じゃないのよ~

20: 名無し
フリーアナウンサーだと思ってた

21: 名無し
切り返しとかちょっとした一言とかウマいよな

23: 名無し
メディア王だからな

25: 名無し
若者にはイマイチかもしれないがジジババが理解出来る笑いを作ってる

26: 名無し
日本で一番のMCだと思うわ
最低がさんまでゲストが話したいこととズレた指摘が多すぎてイライラする

27: 名無し
なんだその手前みその理論

28: 名無し
インテリ芸人気取りで字余りツッコミ蛇足のインチキ野郎馬鹿が 上田

29: 名無し
濃度を薄くして、ただただこなしてるだけ
全盛期のみのや現在の坂上と一緒

31: 名無し
おれは満足してないけど

32: 名無し
くりぃむ評はラジオリスナーだったかそうでないかでまったく変わるだろうな
ガハッ

33: 名無し
おしゃれイズムしか観てないな

34: 名無し
お前とかあんたって突っ込みに使うのが無理

36: 名無し
有数の進学校出身だから、時間の使い方が上手いんだろうな

37: 名無し
有田のほうがコンビの中核のイメージだったがいつの間にか逆転したな

39: 名無し
「お前平田だろ?」の時にリングサイドにいたらしいね。
元プオタの中では最高の出世頭なんじゃない?