1: ノチラ ★ 2018/03/21(水) 15:40:15.15 ID:CAP_USER
働くということをどういうスタイルで捉えるのか。古いスタイルを脱ぎ捨てて、新しいスタイルへと変化することが求められている。それは何も、いまは安定している会社を辞めよとか、フリーになって田舎で人生を謳歌しようとか、そういうことを提唱しようとしているのではない。そうではなく、働くということへの認識そのものを改めようということである。

私が提案したいのは、こういう新しい認識だ――人生を全体システムとして捉え、人生の可用性を高めよう。

人生のバックアップシステムとは
可用性というのは、英語のアベイラビリティ(いつでも得られるということ)の和訳で、主にコンピューター業界で使われている。コンピューターシステムは大規模になればなるほど、どこかが故障する可能性が高くなる。一か所の小さな故障だけで、全体が停止してしまうのは困る。そこで部分的に故障がおきても、バックアップがあったり、他の部分で代用できるような仕組みを組み込んでおく。そういうシステムを「可用性が高い」という。

可用性は信頼性とは違う。信頼性というのは、故障しにくいことだ。あるコンピューターの信頼性が高くても、ごく稀に故障は起きる。その時に使えなくなってしまうと、可用性は低い。逆にそのコンピューターの信頼性が低くても、他のコンピューターで代用できる仕組みが用意されていれば、全体としての可用性は高いと言える。

ここで注意しなければならないポイントは、「全体」と「部分」を混ぜて考えてしまわないことである。大事なのはシステムという「全体」であって、ひとつのハードウェアやひとつのソフトウェアなどの「部分」ではない。全体システムの可用性を高めるためには、時には「部分」をある程度犠牲にすることも必要になってくる。

インターネットは、可用性が高いシステムだ。もともとネットは軍事用に開発されたというのは有名だが、攻撃などで一部の通信が破壊されても、迂回して通信が維持されるような仕組みを考えた結果、網の目のように通信網を張り巡らすという構造になった。一本の太いロープを投げ縄のようにして野生の獣を獲ろうとすると、ロープが切れてしまった瞬間に獣は逃げる。しかし細いロープを編んだ大きな網なら、一部が少しぐらい断線しても獣を捕らえるのには問題ない。

人間社会での「可用性」とは
私たち人間の働き方も、コンピューターのシステムやインターネットの構造と同じだ。私たちは、信頼性の高い会社や、安定した職務こそが人生を安定させる道具になると考えてきた。ところが1990年代からの「失われた時代」が長く続いて明らかになってきたのは、どんなに信頼できると思われていた会社も、いざとなると案外に脆いということだった。

会社が潰れても、専門の業務があれば大丈夫ーーという考え方も台頭してきた。ところが長い不況とは別のところから、この考えに水を差す勢力が現れた。AI(人工知能)とロボットのテクノロジーである。銀行員の仕事がなくなる、不動産などの営業マンも危ない、公務員の仕事の大半はもうダメだ、それどころか弁護士やデータ科学者だって危ない、などとあれこれ言われるようになって、みんなが戦々恐々としている。

自己啓発もそういう影響を受けて「20年後に生き残る仕事」みたいな本が増えているが、そんなものを的確に予想できるんだったら誰も苦労しない。19世紀の終わりにガソリンで動く自動車が発明されたその時には、高速道路サービスエリアの運営などというビジネスを誰ひとり思いつかなかったように、AIが普及した20年後になんの仕事がなくなり、どんな仕事が現れているのかというのは、ほとんど予測できない。

会社や職務という太いロープも、突然切れてしまうことがあるのだ。そういう認識は持っておいたほうがいい。

だから私たちが考えるべきは、ロープという「部分」の信頼性ではなく、ロープと私たちを合わせた人生というシステム「全体」の可用性である。私たちはともすれば「会社の歯車」「仕事の牢獄」といった言い回しを使いたがるが、労働というものの本質に立ち返れば、私たちは決して会社や仕事という全体の一部分ではない。私たちの人生を一つの全体システムと考えれば、逆に会社や仕事が「部分」である。逆転の発想が必要だ。
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/54842

13: 名刺は切らしておりまして 2018/03/21(水) 15:56:44.76 ID:dbjt9LKE
>>3
大抵の仕事は責任を取って避難に晒されても耐えるというお仕事だから

5: 名刺は切らしておりまして 2018/03/21(水) 15:45:09.45 ID:ULv5K8zC
自動化による無人化は進んでいるんだろうけど
AIが身近には全く感じられない

8: 名刺は切らしておりまして 2018/03/21(水) 15:51:35.60 ID:p+Pum6Ix
仕事どころか命まで奪われることを心配すべき

9: 名刺は切らしておりまして 2018/03/21(水) 15:52:27.84 ID:VE+6A++c
うむ

10: 名刺は切らしておりまして 2018/03/21(水) 15:53:10.55 ID:APH/A92o
日本年金機構なんてまず要らんわな。

11: 名刺は切らしておりまして 2018/03/21(水) 15:53:43.11 ID:lKxWWGo5
クリフト 「・・・・・・・」

12: 名刺は切らしておりまして 2018/03/21(水) 15:56:01.95 ID:1xg7UAFL
AIに奪われるよりもAIで増える仕事のほうが多いと思う。
産業革命やらコンピューターやらインターネットやらスマホが出てきても
仕事の種類はどんどん増えて忙しくなってるし

15: 名刺は切らしておりまして 2018/03/21(水) 15:58:01.83 ID:brlhKPg/
>>12
その殆どは誰にでもできないタレント性が必要な仕事だから困るんだよ

19: 名刺は切らしておりまして 2018/03/21(水) 16:03:10.06 ID:5X5kbeWC
>>12
産業革命やなんかは大量生産を可能にする発展だったから仕事が増えたんだけど
AIは人減らしのための技術革新だからそうはならないよ

22: 名刺は切らしておりまして 2018/03/21(水) 16:06:37.77 ID:SdImKVKS
>>19
AIが沢山出来ると
各AIに仕事を教える必要が出てくるんだよ

例えば、ガン識別AIに、こいつはガン、こいつは正常って教えないといけない
そういう仕事がいっぱい生まれるぜ

こいつはひき殺すとマズイから絶対に避けること、とかな

26: 名刺は切らしておりまして 2018/03/21(水) 16:09:50.90 ID:brlhKPg/
>>22
教えたら失職だね
あとはそのAIを売ればいいだけだから

27: 名刺は切らしておりまして 2018/03/21(水) 16:10:37.04 ID:5X5kbeWC
>>22
最初にごく少数の人間だけがそれを出来るので
それで仕事が増えるわけじゃ無い

29: 名刺は切らしておりまして 2018/03/21(水) 16:13:52.59 ID:LLzn7CJK
>>22
まず、普通の人はAIに物事を教える方法がわからない(物事をAIが理解できるフォーマットに変換する必要がある)
そして普通の人でも教えられるレベルのAIまで発達したら、もう教えるまでもなくAI同士で学習していく

24: 名刺は切らしておりまして 2018/03/21(水) 16:09:26.09 ID:d1mf76n1
>>12
ネットが身近になって街のレコード屋や本屋などをはじめとする個人商店はほぼ駆逐された

49: 名刺は切らしておりまして 2018/03/21(水) 16:45:01.79 ID:wVzjvcHS
>>24
個人商店はネットの前から潰されてた
ネットでとどめ刺された部分はあるが、同じように大手も打撃を受けて
業界の再編を招いてる

14: 名刺は切らしておりまして 2018/03/21(水) 15:57:36.90 ID:+z8/1OF+
現代なのに結構いい記事書くな

17: 名刺は切らしておりまして 2018/03/21(水) 16:02:36.22 ID:tE4t4ULn
あれだ。電源を抜いてAIの仕事を奪う作戦

18: 名刺は切らしておりまして 2018/03/21(水) 16:02:48.44 ID:dXWAztXm
スカイネット様マンセー!

23: 名刺は切らしておりまして 2018/03/21(水) 16:09:05.19 ID:1wbQU3Dz
>「20年後に生き残る仕事」みたいな本

これ言うやつはほぼ自分の願望をAIに託しているだけだからな

25: 名刺は切らしておりまして 2018/03/21(水) 16:09:34.89 ID:uGZqiGlA
なんかノストラダムスの大予言みたいだよな
不安だけ煽っておいて
結局なんでも無かったっていう

28: 名刺は切らしておりまして 2018/03/21(水) 16:12:40.00 ID:YrN/TC+k
はま寿司の受付は完全にペッパーがこなすようになったな。
あれで失業した人がいる事実。

30: 名刺は切らしておりまして 2018/03/21(水) 16:14:24.31 ID:22xWhytL
スマホの誕生でどれだけの会社が
業績を減らし又は倒産した事か。

31: 名刺は切らしておりまして 2018/03/21(水) 16:15:20.29 ID:QI1U33vp
社会においての最大公約数となるのは「合理性」。
AIは最高のこれを引き出すシステム。

が、利権誘導も担うAIがすぐにでも開発されるだろうから、
結局は個々が所有するAIの合議制で施政がなされるだろう。

37: 名刺は切らしておりまして 2018/03/21(水) 16:21:17.41 ID:waBDQvSd
>>31
合議制のやり方で同意が取れない
投票で決めるのか、他の何で決めるのか
投票ならそのやり方でも勝敗が別れる
と、なると、その投票方法を巡って、どう同意を取るかが問題となり、
また元に戻ってしまう

32: 名刺は切らしておりまして 2018/03/21(水) 16:15:34.93 ID:waBDQvSd
その間、大量の失業者と低賃金労働、新しい技術習得の教育費用を誰が払うかで問題が起こっただろうが
かつての英国も繁栄の裏側で、自己責任の名の下に刑務所のような救貧院制度や、
そこでおかしくなった人を精神病棟に閉じ込めた

 ゆとり世代すら昔以上に家計から教育費用を捻出してるというのに、
将来対応できる予算を日本政府や企業が確保するとでも言うのか?
そんなことがあればグローバリズムやIT化に晒された就職氷河期なんて出てきてない

33: 名刺は切らしておりまして 2018/03/21(水) 16:16:30.62 ID:aP3Hfd4F
本当に考えるべきは…
何でいつまでも仕事してるの俺ら?

39: 名刺は切らしておりまして 2018/03/21(水) 16:22:22.16 ID:22xWhytL
>>33
富める者から辞めなさい。

35: 名刺は切らしておりまして 2018/03/21(水) 16:20:07.51 ID:3LlT277h
適材適所最適化
そういう仕事の割り振りもAIがするだろ
グローバルで経済を統治するから
歪が一気にくるかもな、言葉の壁が無いし
底辺人間は消費だけさせてくれるような旨みは
回ってこないと思うがな

36: 名刺は切らしておりまして 2018/03/21(水) 16:21:13.95 ID:fwvGozsd
で、どうしろと?

38: 名刺は切らしておりまして 2018/03/21(水) 16:21:35.65 ID:FRx+3FjM
人生をコンピューターシステムとして捉えるのか。
嫌な人生だな。

40: 名刺は切らしておりまして 2018/03/21(水) 16:22:36.16 ID:sgQl2knm
ワシは安泰
あと10年でリタイア(´・ω・)

41: 名刺は切らしておりまして 2018/03/21(水) 16:23:08.32 ID:fQGH6p6S
役所の手続きが電子化になれば、
公務員はインプット作業に専念できる

42: 名刺は切らしておりまして 2018/03/21(水) 16:26:16.15 ID:waBDQvSd
>>41
本来なら要らない
今ですら非正規雇用ばかりだから、公務員は要らない
それでも止めさせてしまうと失業者が溢れるので、
緊急雇用対策の期限付き公務員のように雇用を確保されるのではないか?

43: 名刺は切らしておりまして 2018/03/21(水) 16:30:49.68 ID:BI2g/8EB
>>42
総合的にこちらでかたってください

AIで消滅する職業、資格、企業、明治・駒澤系私学
http://matsuri.5ch.net/test/read.cgi/joke/1521615509/

44: 名刺は切らしておりまして 2018/03/21(水) 16:32:50.39 ID:7gQDQI16
まあ大切なのは信用だよ結局

電子化で通貨廃止ししようって国もあるが
どうせ金などの現物資産に流れるだけで
電子の信用がいきなりよくなるわけじゃない

45: 名刺は切らしておりまして 2018/03/21(水) 16:35:15.79 ID:eu6qeGbC
見下していた工場作業員は意外と安泰で
高給取りの頭脳労働者がリストラされるから恐ろしい

47: 名刺は切らしておりまして 2018/03/21(水) 16:39:53.07 ID:wVzjvcHS
>>45
意外と安泰というか機械化は進むから行員の人数自体は目減りするんだが・・・
真っ先に潰されるのは事務労働者だよ
考える仕事の類いはAIが進んでもそうそう効率改善は進まない
判断基準の材料としては使えても全てのAIに委ねる時代ってのはそんなすぐには来ないから
あと、そういう人達が目減りしたら当然作業員への仕事を求めだす
特別な技術なんて対して要らない作業員は少ない仕事を争う羽目になるね

48: 名刺は切らしておりまして 2018/03/21(水) 16:40:54.46 ID:0atPeY4L
良く分かった

では戦争だ