1: 名無し
 「HDDはNANDフラッシュメモリーに駆逐されるんじゃないか。しばらく前には、そう思っていた。今は、当面はすみ分けられるだろうと考えている」。HDDメーカーから、こうした声が漏れ始めている。2016年から17年にかけて、NANDフラッシュメモリーの供給不足でHDDの需要が持ち直したことが一因だ。もう一つの理由は、HDDでなければならない用途が、少なくとも今後5~10年は継続するとの予測である。

各社が期待するのは、「ニアラインストレージ」と呼ばれる使い方だ(図1参照)。コンピューターの記憶階層では、主記憶や外部記憶よりもさらに下に位置する。従来HDDが担ってきた外部記憶装置の座は、幅広い機器でNANDフラッシュメモリーや、それを内蔵したSSDに奪われつつある。

 ニアラインストレージは、SSDに格納しきれなかったデータを、その1つ下の階層で保存する。主にクラウド環境や企業の情報システムで活用される記憶装置である。

 日本HDD協会(IDEMA JAPAN)が17年1月に公表した予測によると、稼働中のストレージ装置の全容量のうちHDDが占める割合は15年に83%だったが、20年でも79%を維持するという。この5年に最も容量が拡大するHDDの製品分野がニアライン向けであり、今後はこの用途向けにHDDの大容量化が進みそうだ。課題は、より大容量の製品をこれまでと大差ない価格で提供できるかどうかである。

現在、ニアライン向けの3.5インチ型HDD 1台当たりの容量は最大14テラ(テラは1兆)バイト。米ウエスタンデジタル(WD)とシーゲート・テクノロジーが競い合うように、サンプル品を出荷している。両者の後塵を拝してきた東芝は、18年に14テラバイトの製品を量産する計画だ。HDD業界では、同クラスの製品の最大容量は20年ごろに20テラバイトになるとみられていた(図2)。

ところが、WDが頭ひとつ突き抜ける成果を17年10月に発表した。同社は、HDDの記録密度を大幅に高めるマイクロ波アシスト磁気記録(MAMR:Microwave Assisted Magnetic Recording)方式の実用化にめどをつけたという。この技術を適用した製品を19年に出荷し、25年までにデータセンターなどに向けた3.5インチ型HDDで40テラバイト以上を実現すると表明した(図3)。

 HDDの記録容量は既存の方式では頭打ちとなっていた。記録密度向上の原動力だった垂直磁気記録方式の効果が薄れてきたからだ。最近では装置に内蔵するディスクを増やしたり、装置の使い勝手が変わるSMR(瓦磁気記録)方式を導入したりして、装置当たりの容量を1年で2テラバイト程度増やすのが精いっぱいだった。

 この状況が変わる。WDはMAMR方式の導入で面記録密度を年率約15%増で増やし続けられると主張する。28年には60テラバイトを実現できる計算だ。WDはMAMR方式で面記録密度4テラビット/インチ2以上を達成できるとも表明している。現在の14テラバイト品がちょうど1テラビット/インチ2程度なので、容量に換算すると56テラバイト以上に相当する。

この発表がHDD業界にとって朗報なのは、競合するSSDとの価格差を長期間、維持できると見込めるからだ。記録密度が上がれば部品コストを変えずに容量が増えるため、容量当たりの価格は下がる。この結果HDDとSSDの価格差は28年ごろまで約10倍のままだという(図4)。NANDフラッシュ大手の米サンディスクを買収したWDの予測だけに、信ぴょう性は高いといえるだろう。
以下ソース
http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/report/15/226265/022800225/

2: 名無し
1TBくらいになると、さすがにSSDは高いからな
容量重視の人はHDDを選ぶだろう

3: 名無し
障害に弱い。

4: 名無し
SSDの容量は120Gでも足りてるよ。複数使いわけるけど で
なんだか知らないが怖いのは、SSDは放置してるとデータ抜けるとか聞くから
HDDは、長期保存用としてはいいと思う。

5: 名無し
安いし壊れにくくなったHDD

6: 名無し
テープだって残っている訳だしな

7: 名無し
SSD思ったより値段下がらんよな

8: 名無し
今、DRAMが馬鹿高いから、安いHDDで代用しろよ

9: 名無し
ただ消え去るのみ

10: 名無し
SDDがHDD並みに価格が下がらない限り
永遠にHDDは無くならないよ。

16: 名無し
>>10
SODに空目した

12: 名無し
HDDは静音性がもっと高まるとありがたい

13: 名無し
SSDすぐブッ壊れる
ハードディスクの方がマシ

14: 名無し
>>13
それ逆

26: 名無し
>>14
正解はSSDもHDDもすぐぶっ壊れる

15: 名無し
今は買うのに時期が悪い?待てば鬼容量でコスパあっぷ?

17: 名無し
HDDここ数年はたいして容量増えてないぞ

18: 名無し
HDD安いけど壊れる安いからなあ。

19: 名無し
外部記憶装置としてはフロッピーが最強。
35年前にインターネットを30万円で買つた。
パソコンにはフロッピードライバーがついている最高級品だった。
最近の若いもんはフロッピーも知らない奴が増えてきて困ったもんだ。

49: 名無し
>>19
未だに保存ボタンがアイコンがフロッピーディスクだったりする件

20: 名無し
SSDは予兆なく壊れるから

25: 名無し
>>20
それはHDDも……
壊れる前に確実に予兆が出る記憶装置があったら使い勝手が良いんだが

30: 名無し
>>25
HDDは壊れる前に異音とかある場合もあるからな
SSDでは絶対ないが

21: 名無し
システムドライブならSSDだがデータドライブとしてテラバイト欲しいならまだまだHDD。
2TBだとHDDとSSDは10倍の価格差がある。

22: 名無し
CドライブにHDDを使うことは無くなったけど、容量あたりの価格じゃSSDよりHDDの方が安いからな
これが逆転するまでHDDは使われるだろ
むろんCドライブがHDDに戻ることも無いだろうけど

32: 名無し
>>22
それな
OSやアプリはSSDに、動画とかはHDDに
デスクトップ使っている人で、SSDとHDDを両方載せている人は
結構多いんじゃないかな
消えたら困るデータをコピーしとくのも簡単だし

23: 名無し
ジップドライブは1枚120MBだったな。
遅くてMP3の読み出し同時再生も出来なかった。

27: 名無し
SSD飛んだら、修復できず

28: 名無し
SSDはやっと手に届く値段になってきたけど、まだまだ大容量は高い。
1つしか積めないノートではまだHDD選択の余地がある。
win10になってOS自体の起動も終了も速くなってるし、7200回転のものならそう困らない。

29: 名無し
ようつべの動画なんかHDDでどうやって管理してるんだろ

31: 名無し
クラウドがもっと安けりゃいいのにな
月いくらとかじゃなくて
1Tで5000円くらい

33: 名無し
今はTLCだからな
数年前はMLCだったのに
退化するとは思っていなかった

35: 名無し
>>33
有名メーカーのTLCとよく分からんメーカーの安いMLCと、どっちが良い?

34: 名無し
ニアラインは呼びにくいな、倉庫いいやろ

36: 名無し
エロ動画の保存用

43: 名無し
>>36
それをお前のローカルHDDに置いておく意味あるのか?

37: 名無し
1本1Gbyteのエロ動画を大量に保存しまくってたら

何テラあっても足りない。

必然的にHDDしか選択肢がない。

38: 名無し
MOが便利だった

39: 名無し
ファイルが壊れるからHDD大嫌い

40: 名無し
一昔前までは『記録媒体はシリコンに取って代わる』と言ったらバカにされた。
気付けばこんなにSSDが普及してる。
世の中、どう転ぶか分からんもんだね。

41: 名無し
SSDはデータが飛ぶっていうけど、数年使ってみた印象ではどっちもどっちって感じだな。
両方とも似たような頻度で壊れる印象。統計的にはそうじゃないのだろうか。

45: 名無し
>>41
SSDは衝撃に強いってのはあるからな。
あと電力消費量か。
ただ、まあサーバーのストレージがフラッシュメモリに置き換わることはかなり先だろうな。

42: 名無し
家族の写真長期保存したいんだけどHDDの方がいいの?

44: 名無し
データベースは接続技術(キリッ

46: 名無し
HDDは熱がなぁ・・・
あと寒暖にも弱い
あと衝撃とホコリにも弱い
動かさないで居ると孤独死もする
めんどう

47: 名無し
>>46
あー、孤独死するねぇ。
何年も眠らせておいたHDDを久々に動かそうとすると
うんともすんとも言わなかったりして焦る。
円盤だけ簡単に取り出せる構造にしてくれればいいのに。

48: 名無し
SSDも長期放置は消えてくやろ