1: 名無し
2017年の全国社長の平均年齢は、前年より0.26歳延び61.45歳となり、調査を開始した2009年以降で最高年齢を更新した。団塊世代の社長交代が進まず、高齢化が一層顕著になった。また、減収や赤字などの業績悪化と社長年齢を比較すると、業績悪化と年齢上昇に一定の相関があることもわかった。(東京商工リサーチ特別レポート)

◆70代以上は減収、赤字の割合がワースト

社長の高齢化や後継者難は、ビジネスモデル革新や生産性向上への投資意欲を抑制し、業績悪化に拍車をかけているようだ。

本調査は、東京商工リサーチの企業データベース(316万社)から代表者の年齢データを抽出、分析した。前回の調査は2017年2月。
https://www.sankeibiz.jp/images/news/180304/bsg1803041302001-p1.jpg

2017年の社長の年齢分布は、60代の構成比が31.98%で最も高かった。70代以上は26.18%となり、調査開始以降、最も高い構成比となった。一方、30代以下は3.22%にまで落ち込んだ。

社長年齢と業績の関係では、70代以上は「減収」、「最新期の赤字(当期純損失)」、「前期の赤字」、「連続赤字」の割合が年代別でいずれもワーストだった。70代以上は「減収」、「赤字」の割合が最も多い。「連続赤字率」も10.7%に達し、社長が高齢化するほど業績に負の影響を与えていることがわかる。

◆大阪もついに「大台」を突破

都道府県別(会社の所在地別)では、29都道県が全国平均の61.45歳以上となった。社長の平均年齢のトップは高知県の63.54歳で、前年の63.21歳から0.33歳上昇した。次いで、秋田県の63.36歳(同62.97歳)、岩手県の63.17歳(前年62.02歳)の順。

年齢上位の県は総務省統計局の人口推計(2016年10月1日現在)の「都道府県別人口増減率」の減少率上位とほぼ同じだった。人口減少が新規開業の低迷や事業承継の難しさを反映しているとみられる。過疎地の後継者不足も浮き彫りにしている。

一方、平均年齢が低かったのは大阪府の60.20歳(前年59.92歳)。大阪府は2016年では全国で唯一、平均年齢が60歳未満だったが、60歳の「大台」に乗せたため、すべての都道府県の平均年齢が60歳以上となった。
以下ソース
2018.3.4 13:02
https://www.sankeibiz.jp/business/news/180304/bsg1803041302001-n1.htm

2: 名無し
それでも氷河期には経営を譲らないぞw

3: 名無し
ヤング社長だと社員とその家族を支える安定感がないよね

4: 名無し
ヤクザ社長に見えた

5: 名無し
ワンマンの弊害。

6: 名無し
閉塞を打破するにはガラガラポンのM&A、

7: 名無し
逃げ切り

8: 名無し
んじゃあトップも移民でw

19: 名無し
>>8
googleとmicrosoftの社長もトップは移民

31: 名無し
>>19
アメリカに忠誠を誓っている移民だけどな。
ある民族には似て非なるものがあるんだ。

9: 名無し
70代の社長とか次世代のことなんて考えてない。

自分の老後のことだけ。自分の息子が会社にいるのに畳むこと考えてる。
息子、どうすりゃいいんだよっていうww

20: 名無し
>>9
今うちがその渦中にあるが、こちらとしては廃業を視野に動くしかないかというとこまで来てる。
ただし、今会社は軌道に乗っているので然るべき前に人件費とクルマに関わる費用以外を抑えることを念頭に入れている。

10: 名無し
老害は去れということかな。

18: 名無し
たぶん、バブル団塊が経営陣からいなくなれば

日本は復活できるんだと思うわ

21: 名無し
>>18
それはない。
ゆとり世代が中堅以上になればもっと内部留保が膨らむような企業構築をやると思うよ。
そのために今の中間管理職以上は社畜として育て上げているんだからよ
そうじゃないのか?

23: 名無し
老害って経済成長より現状維持を最優先するからな
また非効率を改善するより隠蔽する方向に努力するのでたちが悪い
自民党の体質とそっくりだわな

24: 名無し
団塊世代社長ってやはりアホばかり

27: 名無し
>>24
焼け跡世代の資産を貪ってただけだからな
他に取り柄が無く根性論とかいう無駄なもので自身の無力さを誤魔化してただけ
団塊の世代の役立たずさは鉄板だわ

25: 名無し
そりゃ中小は元気に生きてる限り社長だべ

26: 名無し
俺の勤めてる従業員50人ほどの、零細精密板金工場も社長が75歳の老害

35: 名無し
>>26
従業員50人いたら零細じゃなくて小企業じゃない?

28: 名無し
日本の製造業は利益率が高々10%だから、貿易産業では為替が10%(今で10円くらい)動くだけでも利益が倍半分変動する。
これが、1970年は為替レートがが\360だったから、モノを作るだけで飛ぶように売れた。
そして国内は人口爆発で市場が急拡大。もう誰がやっても上手く行ったのだが、団塊世代は自分の実力と勘違い。
為替と人口の下駄上げが外れたら、ご覧の有様の体たらく。20年前に気づくべきだったが、もう無理だな。

29: 名無し
まぁ単に自分の家業的な感覚で跡取りが居ないとかいうなら、廃業するしかないだろうね
事業が本当に社会的に需要や必要性があるなら、おのずと継承が進むはず
それでロストテクノロジーと化してしまうなら、それは残念だが仕方ない
大昔からそうやって伝わったものと伝わらなかったものがある

人から人の引き継ぎに障害があるなら、こういうところにAIとか機械化を促進すればいい
AI・ロボット経営者にしてみたら?w

30: 名無し
>>29
ブラック企業の役員がAI導入して無駄を省こうとしたら自分らが真っ先に切られてできた
AI経営者企業のはなしみたいな小説ねえかな

33: 名無し
>>30
きっと、星 新一のショートショートに描かれてると思うよ。

32: 名無し
年寄社長はビジネスモデルの概念が古く、情報化とかで現在1人で可能な業務に3人見込んだりして同業他社に太刀打ちできなかったりする。
社長当人がメールとか事務員に打たせてる様な会社は危ない
概念が陳腐なんだよな

34: 名無し
業績難の会社を自分の子供に継がせるなんて酷い事しないのは当たり前じゃないの?
子供も継ぎたくないだろうし、他人だって同じだし自然な事じゃないの?