1: 名無し
「Spectre」と呼ばれるCPUの脆弱性に関連し、Intelがマイクロコードアップデートの修正版をリリースしたことを受け、米Microsoftは3月1日、Windows 10向けの更新プログラムをMicrosoft Updateカタログ経由で公開した。

Microsoftによると、今回の更新プログラムは、Windows 10バージョン1709(Fall Creators Update)と、Windows Serverバージョン1709(Server Core)が対象。ユーザーは、Microsoft Updateカタログから手動でインストールする必要がある。

この更新プログラムには、IntelがSkylake H/S(第6世代Intel Coreプロセッサ)とSkylake U/YおよびSkylake U23e(第6世代Intel Core mプロセッサ)向けにリリースしたマイクロコードアップデートが含まれる。

Microsoftは今後も、Intelから提供される追加的なマイクロコードアップデートを配信していくとしている。

Spectreの脆弱性を巡っては、Intelが当初リリースしていた対策パッチに不具合が発覚したことを受け、Microsoftは1月26日のWindows向け臨時アップデートで、緩和策を無効にする措置を講じていた。

Intelは不具合を修正したマイクロコードアップデートをOEM向けに提供し始めており、OEM各社からもファームウェアアップデートとしてユーザー向けに配信される見通し。
2018年03月02日 09時00分
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1803/02/news061.html

4: 名無し
また遅くなるのか

5: 名無し
7は見捨てようww

6: 名無し
再起動しちゃいそう

7: 名無し
5世代以下はどうなるんだよ?

8: 名無し
遅くなるくらいなら、ノーガード戦……
いやなんでもないw

9: 名無し
手動ってことは任意ってことだよね。
この点は評価できるね。

こんな穴は放置でいい。

10: 名無し
007 スペクター 

11: 名無し
パッチという仕様上こっそりパッチ削除して脆弱性露わにされるって事はないのかな?

12: 名無し
 Intelは、「Spectre Variant 2」脆弱性向けのパッチが「Broadwell」および「Haswell」CPUを搭載するシステム上で安定性の問題を引き起こしたことで、同脆弱性向けのフィックスの提供を全面的に停止していたが、
今回、それらの旧式CPUの問題に対処する新しいマイクロコードアップデートをついにリリースした。同社は先週、「Skylake」「Kaby Lake」「Coffee Lake」チップ向けの新しいマイクロコードアップデートを既にリリース済みだ。

13: 名無し
遅くなるんやったら放置するわ

14: 名無し
旧世代は放置ってこと?

15: 名無し
>>14
放置した上で対策パッチも入れられないPCはリスクだらけだと不安を煽ってWin10入りのPCに買い換えさせる。

16: 名無し
Coffee Lakeもダメなんだ
もうライゼンにするわ

17: 名無し
俺は放置だな
個人情報だけPCから抜くわ

18: 名無し
Ryzenがやっぱり安全だな

19: 名無し
個人情報が入ったPCは、G4マックやし

20: 名無し
悪魔のMSの容赦ない買い替え作戦が発動した!

21: 名無し
これって修正版入れる度にどんどん性能が落ちていくの?

22: 名無し
人柱報告はよw

23: 名無し
おせーよカス
それまでハッキングされ放題だろうが

24: 名無し
ウイルスに入れるパッチw

25: 名無し
アップデートカタログから入れろって事はまだバグ有りかもな
そんな大事なアップデートならWindowsUpdateで全配信しろと

27: 名無し
Win10のpatchって、旧型のPCに優しくねえから毎回不安だわ。
いままで何度も再起動不能やCドライブ認識不能にされて、今も一台放置中。
最低要求仕様より古いハード構成だから、しかたないっちゃしかたないんだが。

28: 名無し
>>27
core-i第4第5世代ぐらいでもアップデートで不具合出まくりな機種も相当あるしな