1: 名無し
ファッション通販サイト「ZOZOTOWN」を運営するスタートトゥデイが、採寸用ボディースーツ 「ZOZOSUIT(ゾゾスーツ)」を活用した服の定期配送サービスに乗り出した。採寸スーツを使って自身のサイズを計測すれば、自分に似合う洋服が定期的に送られてくる。

一連の取り組みはユニクロを攻略するためのものといわれているが、もっと大きなポテンシャルを秘めている。それはショップ系ブランドの衰退と月額固定料金化へのシフト、そしてアパレル産業のテクノロジー化である。

アパレルの常識がひっくり返る
スタートトゥデイは2月15日、服の定期配送サービスである「おまかせ定期便」をスタートした。すでに配布を始めている採寸スーツ(予約が殺到したことから、遅延が発生している)を用いて体のサイズを自動的に計測。

予算や好みの柄といった追加情報を入力すると、自分に合った洋服が定期的に送られてくる(採寸スーツがなくてもサイズを入力すればサービスを利用できる)。利用者は気に入った商品だけを購入することができ、不要なものは返送すればよい。

同社はほぼ同じタイミングで、独自ブランド商品の販売も開始している。

「ZOZOTOWN」はこれまでECサイトとしてビジネスを展開しており、各メーカーの服をWebサイトで販売するのが主な業務だった。あくまでECサイトの運営企業なので、メーカー各社とは直接の競合にはなっていなかった。

今回、同社が独自ブランド商品の販売を開始したことで、一部のメーカーとは直接的に競合することになるが、ZOZOがターゲットにしているのは言うまでもなくユニクロである。独自ブランドの第一段として販売を開始したのは、Tシャツとデニムというベーシック系の定番商品であり、ユニクロのラインナップと完全にぶつかる。

業界では、ZOZOがいよいよユニクロに勝負を挑んできたと受け止められているが、今回のZOZOによる一連の取り組みには、もっと大きなポテンシャルがあると筆者は考えている。それはショップを基盤とした従来型ブランドの衰退とアパレル産業のテクノロジー化である。

これまでアパレル業界では、店舗を押さえることが勝利の方程式であった。著名デザイナーが手がけるデザイナーズ・ブランドは別として、ユニクロのような企業は、店舗を基盤にブランドを展開し、そこで自社商品を販売していくというのが定番であった。

店舗(ショップ)において自社商品以外も扱うかどうかで、いわゆるセレクト・ショップとは区別されるが、いずれにしても店舗網を使った販売力が利益の源泉となっている。

これはオンワードに代表される伝統的なアパレルメーカーにとっても同じことである。ユニクロのような店舗展開は行っていないものの、こうした従来型メーカーは百貨店の売り場をしっかりと押さえている。

ファッション雑誌などでCMを展開して告知活動を行い、店舗を使って商品を売ることを基本にしているという点では、ユニクロと何ら変わりはない。

アパレル業界が店舗を基盤にしていた最大の理由は、服のサイズ合わせである。他の商品とは異なり、服は実際に着てみないとサイズが合うのか分からない。いくらネット通販が発達しても、店舗を軽視できなかったことには、こうした背景がある。

ここがイノベーション
ZOZOスーツはこうした問題をテクノロジーで解決しようとしている。今回、配布を開始した採寸スーツは伸縮性のあるデザインとなっており、各部分の生地の伸び具合をセンサーが検出することで、約1万5000カ所のサイズを瞬時に計測できる。

採寸データはスマホのアプリを経由してZOZOのクラウドに送られ、ZOZO側はそのデータを使ってサイズに合った洋服を提供する。

このデータがあれば、基本的にサイズの合わない洋服を買うことがなくなるので、利用者は服のサイズで悩む必要がなくなる。一方、ZOZO側にとっては返品リスクが減るとともに、顧客の囲い込みにもつながってくる。

だが、このスーツがもたらす最大のインパクトは、店舗に行かなくても自分に合った洋服を購入できるという部分だろう。
以下ソース
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/54538

3: 名無し
しまむら、どんき、があれば他に何もいらない

4: 名無し
そのうちまた別の業者が現れ同じよう駆逐する
えらそーにしてられんのもいまのうち

5: 名無し
zozoは男の需要を発掘しただけってかんじ。

6: 名無し
夏になると一日2リットルのペットボトルを毎日飲み干しながら
毎日2キロ痩せる友人が居るんだが、そういう人種にも対応してくれるのか?
夏突入前と秋分の日くらいを見比べると大変な事になってるんだが…

37: 名無し
>>6
毎日2kgずつ痩せ続けたら消滅しちゃうじゃないか。

7: 名無し
画期的なんは「ZOZOSUIT(ゾゾスーツ)」ちゃいますのん。
着るだけで自動で採寸できるボディースーツっちゅうんが。
オッサン向けで紳士服とかワイシャツとかも売れそう。

8: 名無し
???「任天堂の倒しかた知りませんか?」

9: 名無し
実家のオカンのようなサービス

10: 名無し
ユニクロのLも腕や丈が短いからなぁ。
これはいいかもなw

11: 名無し
実物の肌ざわりや感触とか臭いやらもろもろで選ぶもんじゃないの????

特に最初は

24: 名無し
>>11
サイズの次はこれだろう
布切れのサンプル送ってきてもいいけど

26: 名無し
>>11
そういうのすら超越して何でも良いって人向け
お母さんに買ってもらった服しか着なかった人向け

12: 名無し
ZOZOはまだそこまで浸透してないだろ
店が少ない田舎ぐらいだろ

13: 名無し
また現代のアマゾンプッシュか
カネでも貰ってんだろね

14: 名無し
アパレルだけじゃなくて小売りも駆逐していいぞ
俺が許す

早く日本を滅ぼしてくれ

15: 名無し
収入の少ない若年相にローンで服買わせてるから、
今回の仮想通貨暴落みたいなのがあると本当に大丈夫なのかって思う
在庫数も少ないし、売り切れ商法みたいなので購買意欲煽って買わせてるし

16: 名無し
ぶかぶかで返品したら、送料2000円近く取られた。宅急便値上がりすぎだろw

17: 名無し
アパレルに疎いとこうなっちゃうという典型

18: 名無し
zozoもamazonに駆逐される側

19: 名無し
ZOZOスーツは服を買うためにわざわざ出かけられるかというアンチファッション層に受けるかもな

22: 名無し
>>19
まあ服買いに行く服がない奴にはいいだろうなw

20: 名無し
ペラッペラの服で満足するやつしか使わねえけどな
審美眼の育ってないやつにMade In PRCを送り付けて儲けるとかいい仕事だわ

21: 名無し
ずぼらなおじさん向けサービスだが おじさんは関心を持たないというジレンマがある
一度使えばきっと お任せの虜になるだろうがそこまで持って行けるかどうかだな

23: 名無し
ユニクロもファッションに関心がない層に支持されて伸びたわけだし

25: 名無し
ゾゾタウン社長は結婚せず子供の認知だけで済ませたので離婚時の財産分与リスクを回避できたな
それをカッコいいと思うかどうかは人によりけりだけど

27: 名無し
千葉スタートトゥデイマリーンズ

28: 名無し
ゾゾは高いから、別のベンチャーで駆逐してほしいわ

36: 名無し
まあ、店で買うという洋服に対するフェティッシュな欲望がなくなると
それもありなんだろうなとは思う。
じじいにはついていけないが。

39: 名無し
糞田舎の人以外ZOZOやAmazonなんかで服は買わない
ただ単に辺境人にうけただけ

43: 名無し
>>39
店の在庫はなくてもzozoにだけ在庫あったりすることよくあるよ

45: 名無し
>>43
それ、売れ残ってるだけじゃね

40: 名無し
ゾゾで買うのは品ぞろえがいいから

サイズは実際着てみないとわからないぞ
とくにアウターは

41: 名無し
zozoスーツは筋トレの住人達も注目してる
理由は筋トレをしてると普通の人と体型がずれてしまうので
なかなか
合う服が無いというww切実な思いだそうだ

46: 名無し
任天堂の潰し方とか言ってた人がいましたなぁ