1: 名無し
不要品を手放せば、第二の人生が輝きだす
「定年後に老後を考え始めるようでは遅いです」

そう語るのは、『弘兼流60歳からの手ぶら人生』の著者であり、『課長島耕作シリーズ』でおなじみの漫画家の弘兼憲史氏だ。今年70歳を迎えた弘兼氏は、自らと同世代のビジネスパーソンの定年後を数多く見てきた。

60歳を超えても、会社で活躍し続ける人はいるだろう。だが、元パナソニック社員の弘兼氏曰く、「会社に残れるのは極めて少数の役員の人たちだけです」とバッサリ。しかし案ずる必要はないと、言葉を続ける。

「定年を前に、出世ルートを外れていると感じるならば、仕事以外の自分の幸せを考え直すよい機会と捉えるべきです。自分の身辺を見直し、不要なモノを捨てることで、身軽に生きられます。整理を始めるなら、早いにこしたことはありません。その分長い時間を“手ぶら”で生きることができるのですから」

今年7月に聖路加国際病院で定年退職を迎え、翌月には新たなクリニックを開院した精神科医の保坂隆氏も、定年後にやりたいことをするには、現役時代から身辺整理を進めるべきと説く。現役時代から準備を始め、万全の体制で第二の人生を迎えよう。

友達は「量より質」で関連コストも削減
SNS時代において、友人の多さはその人の価値や財産のように思われがちだが、弘兼氏は「友達の数で、幸せは決まらない」と断言する。

「若い頃は、友人の多さが有利に働く場面がたくさんあります。特に仕事はそうですね。しかし、年を重ねるにつれ、自分のポジションというものが明確になります。もしこれ以上、上にいけないと感じたら、無理して今以上に人脈を広げたり、維持したりする必要はありませんね。それよりも、少人数の信頼できる友人がいるほうが大切です」

現役世代でも、モノを通じて今の人間関係を見直すことはできる。

「僕は最初に年賀状廃止からやりました。昔の年賀状は心のこもった手書きでしたが、今ではパソコンですべてを印刷したものがほとんどです。さらに正月の過ごし方も変わってきています。昔と違って元日からお店は営業しているし、イベントもいろいろやっています。年賀状をゆっくりこたつで見る人って、減っているのではないでしょうか。となると、年賀状を出しても、読まれているのかどうかさえわかりませんから」(弘兼氏)

さらに弘兼氏は、「スマホなど通信手段も昔に比べて格段に発達しています。現役世代が年賀状を全廃するのは難しいかもしれませんが、現在200~300枚の年賀状をもらっている人は、送る数を10分の1程度に減らしても十分ではないでしょうか。突然年賀状を廃止するのが気になる場合や、送ってない人から送られてきた場合は、『自分はもう年賀状を出しません。その代わり、普段、連絡を取り合いませんか』と連絡をしてみては」と語る。

同様に、「保存しておく年賀状は過去3年分のみ」という佐々木氏は、ビジネスパーソンの証しである名刺も、枚数を決めて3年分しか取っていない。

こうした人間関係の整理を進めておくと、定年後、冠婚葬祭にかかる費用を抑えられるというメリットもある。同様に、お中元、お歳暮の送り先についても検討の余地ありだ。

現役世代は、まずは会社関係者と行く飲み会を厳選するところから始めてはどうだろうか。また、「二次会には行かない」などルールを決め、浮いた時間やお金を、定年後のプランづくりに回すのもオススメだ。
http://president.jp/articles/-/24305

3: 名無し
年賀状は確かにな
プリントのみで手書きのコメント一文もない年賀状なんて貰ってもね……

4: 名無し
捨てるほどいればだけどな

5: 名無し
良い傾向

7: 名無し
合理的な生き方だけどこれだと経済の消費がかなり落ちる。
友達を沢山作って無駄な事を沢山してもらわないと金が回らない。

47: 名無し
>>7
どうでも良い連れと過ごすくらいなら
家族作って家族サービスしておくれ

8: 名無し
こう言っている本人は友達に”捨てられた人”

9: 名無し
そもそも友達がいない

34: 名無し
>>10
友達にするには悪い人の例それぞれの理由が知りたいわな。現代的価値観では
いずれも良い特徴のように思うのだが…

36: 名無し
>>10
いいね。まあ友人ってのはせいぜい手の指の数程度だろうな。

11: 名無し
友達は大事にせんといかん
友達と疎遠になっていったというのは死ぬときに人生で後悔することの一つやで
たしか、働きすぎ、やりたいことできず言いたいこと言えず、友達と疎遠あたりが死ぬときに後悔することやってホスピス医かなんかの本で読んだな

12: 名無し
上級の悩みやあ

13: 名無し
友達を裏切って捨てられましたが、何か?

14: 名無し
年賀状なんてスキャンデータ残して原本は捨てればいいだろ

15: 名無し
そもそも量で語られる奴は友達じゃなくて知り合いだろ

16: 名無し
そもそも友達がいない

17: 名無し
元々友だちがいなければもっと充実する

18: 名無し
サイコパスは平気で人を切る

19: 名無し
いい年した中年のおっさんって
たまに飲む以外にどんな友達関係があるんだ

一緒に買い物行ったりファミレスで
駄弁ったりしてるのか

20: 名無し
友達とは利用する前提なのか?

23: 名無し
>>20
そりゃあそうだろう
赤の他人なんだからwinwinの関係以外はボランティアだろうな

25: 名無し
会社でつるんでるのを友人ていうのか?
辞めてからも付き合いあるなら友人だが。
そもそもこの人の作品はつまらなくて見る気にならん。

26: 名無し
何かを与えられない人間は自然と友人は減っていくから別に心配することはない
何かとは金や労力に限らず楽しい時間でもちょっとした情報交換でもいいんだが

27: 名無し
いあやお前まだ生きてたんだ
良かった良かった
死んでも葬式には行かないから
お前も来なくていいよ

ってのは知り合いだよね

28: 名無し
親友と恋人がいればそれで充分だな

29: 名無し
中年のおっさんに友達なんていらないよ、

31: 名無し
というかそもそも友達じゃないだろ?
ただフワフワつるんでるだけの相手は。

32: 名無し
彼女が居れば十分だろ

33: 名無し
どういう友達か、に拠るよな
周囲から見てもこいつと離れるべき、というやつと仲良くしてるやついるやん
どうみてもこいつが足を引っ張ってるみたいな
芸能人によく見る、如何わしいメンツとつるんでパーティとか

35: 名無し
弘兼憲史ってひと、妻の柴門ふみによると、我が子にも関心を示さないとか、
かなりやばい人みたいね。

38: 名無し
>>35
数年いただけの会社ネタで一生飯食えるんだから
天才だよ

37: 名無し
こんな人でも死ねば涙流す人がいるからな、世の中ちょろいよな、弘兼さんよw

39: 名無し
俺はお金を捨てるか

42: 名無し
酒を辞めれば
自ずと友人は去っていく

43: 名無し
特殊な、特別な人脈のある人達に言われてもな

44: 名無し
俺たちは捨てられる方だけど

46: 名無し
人口と密度というものを思い知らされる120年となるだろう
やっと正常な国になるな

49: 名無し
捨てるものがない。独身。段ボールハウス捨てた野宿は寒い。生活保護捨てよう。雑草食べてどぶ川の水飲んで人間性捨てて人生充実。

50: 名無し
現代社会は友と共にコミュニティと名前も捨てなきゃいけないからな
そうでなきゃぬくぬく気の合うやつと遊んでるのがいい