1: 名無し
仮想通貨のマイニングによって、シリア難民を救おうというプロジェクトが始動した。これは「ユニセフ・ゲームチェンジャーズ(UNICEF Game Chaingers)」と呼ばれる取り組みで、クレイモア(Claymore)のソフトウェアを用いてイーサリアムをマイニング(採掘)し、シリア内戦の被害に苦しむ子供たちを支援しようというもの。

ユニセフ傘下のベンチャーキャピタル「UNICEF Ventures」がこの試みを始動させた。

クレイモアのソフトウェアは様々な仮想通貨がマイニング可能だが、ユニセフは利益率が高いイーサリアムをあえて選んだという。パワフルなマシンを用いた場合、一日あたり2ドルから3ドルの資金をユニセフの仮想通貨ウォレットに寄付することも可能だという。

ユニセフは今回のプロジェクトの公式サイトを通じ、マイニング経験を持たない人でも手軽にイーサリアムをマイニングできるツールを提供している。サイトには専用のマイニングソフトが用意され、使用中のOSとグラフィックボード(エヌビディアかAMD)を選択するとインストールが可能になる。

起動すると自動的にマイニングが始まり、採掘されたイーサリアムはユニセフのウォレットに送信される(マイニングは電力消費量が高まるため、使用するハードウェアによっては電気料金が高くなる可能性もある)。

2月から始動したこのプロジェクトには、世界から800名以上が参加し、既に3400ユーロ(約45万円)を超える資金を稼ぎ出している。ユニセフ・ゲームチェンジャーズは3月31日までの期間限定プロジェクトのため、興味のある人は早めに参加したほうがよさそうだ。

このチャリティは自身でマイニングを行う以外にも、手持ちのイーサリアムを送信することでも参加が可能。クレジットカードによる募金も受け付けている。

仮想通貨に関してはネガティブなニュースも多いが、このような人道的試みにコインのマイニングが使用されるのは画期的ニュースといえる。ユニセフは今年1月、ブロックチェーン関連の新興企業に向けた投資を検討中であるというニュースも報じられていた。

2018/02/17 10:30
Forbes
https://forbesjapan.com/articles/detail/19807

4: 名無し
シリア破戒がユダヤが金儲けに組み込んだとあからさま過ぎる

5: 名無し
おらテメエらパソコンにソフトいれろや!

6: 名無し
どんどん増えるよ仮想難民

8: 名無し
日本ユニセフも独自に始めそうだな

9: 名無し
>>8
収益の90%は日本ユニセフが別個管理します

12: 名無し
採掘に掛かる電気代を送ったほうが早くね

14: 名無し
ユニセフの役員共がポッケナイナイする未来しか見えねぇ・・・

15: 名無し
これは臭すぎる

16: 名無し
どんどん不気味になっていくな

17: 名無し
これが広まると価値が下がる

18: 名無し
誰かさんのせいでユニセフとか信用ならん

22: 名無し
マイニングにかかった電気代は86万円www
大人しく寄付しとけ

23: 名無し
アホっぽい

27: 名無し
ユニセフどんどん胡散臭くなってきてるなw

28: 名無し
マチ子先生!

29: 名無し
イーサリアム、ガチホで行きますw

30: 名無し
PCを動かす電気がない?
じゃあこの自転車発電機をお売りしましょう^^

32: 名無し
ゲーム内通貨でも寄付した方が

33: 名無し
ユニ○フ 「これから取引所を・・・」(^^)

34: 名無し
なんか言うと訴えるんですか

36: 名無し
イーサリアム、マイクロソフトと提携してる
将来絶対噴けるよ

37: 名無し
募金商売も末期だな

47: 名無し
恵まれない人に愛の手をとか取り繕ってるけど、
結局金儲けなんだよな。