1: 名無し
リコーは16日、衣類に直接印刷できる小型プリンターを発売すると発表した。店舗やイベント会場で、手持ちのスマートフォンに保存した写真をその場でTシャツやバッグに印刷できる。印刷から乾燥まで約10分で完了する。プリンターやインクの販売、保守サービスなどで、2019年度に100億円規模の売り上げを目指す。

 主に企業向けに20日に日本で発売する。今夏からアジア・中国地域で先行販売を始めていた。オフィス向けプリンターと部品を共通化したことで、プリンター本体とインクを定着させる仕上げ機を合わせて価格を30万円台に抑えた。競合他社と比べて3分の1から4分の1の水準という。

 家庭やオフィス向けのプリンターで培ってきたインクジェット技術を応用した。150~200度にもなる専用のプレス機も無くしたことで、初めての人でも安全に使えるようにした。利用者はTシャツなどをカセットにセットして、プリンターに設置する。印刷後は仕上げ機にカセットごと入れてインクを定着させるだけでいい。

 16日に記者会見した山下良則社長は「インクジェット技術を応用して、プロセスをがらりと変えたい」と語った。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO23566720W7A111C1TJ2000/

2: 名無し
そんなのより、五軸の3Dプリンターを10万で出してください。

3: 名無し
プリンターって、ありふれた技術だからな。
差別化して生き残りが難しいよな。
複合機レンタルという習慣で生き残っている業界。

いずれ日本メーカーは、プリンターなど作らなくなるだろうな。

4: 名無し
ジェルジェット

5: 名無し
Tシャツ印刷一着300円くらい(Tシャツ代別)で使わせれば1000枚でもとがとれるな。

6: 名無し
コンビニとかに置いて同人データ出力できるようにすると相当な需要が

7: 名無し
GRの後継機はどうなった?

18: 名無し
>>7
それよりGXを.....

8: 名無し
マジかよ
買う訳無いだろ
アホかよ

9: 名無し
モニターの上からさーとでるのまだか。
プリンタはでかすぎ。

10: 名無し
白インクが無いんですね。惜しい。
色物衣料には使いにくいね。

11: 名無し
写真を服にプリントするというセンスが理解できない

12: 名無し
どこに需要があんの?

13: 名無し
これはデザイン事務所系の業者が買うだろ。
写真を印刷というよりは、スマホ・PCに保存した画像を印刷できるという点だな。

ロゴを印刷するとかじゃね?
グループとかサークルのちょっとしたユニフォームやTsyatu を作ったり、これまでネットプリントを多用していたところは重宝しそう

15: 名無し
詳しくないけど、今時プリントする人いるの?

16: 名無し
>>15
今年の夏前から、心配になる程
シルク印刷が激安になってる。(潰れないかと思うほど..)
悪く無いプリンターですが、確認してみると
コストはメンテ含めると微妙ですね。

17: 名無し
それよりプリントゴッコ再販してくれ

19: 名無し
何回洗えるか