1: 名無し

10/20(金) 11:00配信 ねとらぼ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171020-00000003-it_nlab-life

東京に引っ越してから、筆者は街中で外国人を見かける機会が増えました。
特に中国人の方たちには毎日といってもいいほど出会います。

彼らが日本語で店員と話しているのを見るたびに思うことは、マンガやアニメでよく見かける、
「~アルヨ」という表現、あれ何なの……? ということです。

「アルヨ」は「ワタシ中国人アルヨ」のように、中国人特有の語尾とされていますが、
実際にそんな話し方をしている人など見たことがありません。どうして、このようなステレオタイプが生まれたのでしょうか?

まずは「アルヨ」の歴史をたどる前に、「役割語」という概念をおさえておきましょう。

●「役割語」とは?
例えば、小説に「ワシが佐藤じゃ。お主のことは山本から聞いておる」と話すキャラクターがいたとします。
すると読者のほとんどは何の説明がなくても、「佐藤」がおじいさんであることを理解します。

この「ワシ」「じゃ」「おる」のように、フィクションの世界で人物のキャラクター付けのために使われる言葉を「役割語」と言います。
「アルヨ」は、中国人を表現するための役割語。本物のおじいさんの一人称が「ワシ」とは限らないように、
中国人も実際に「アルヨ」と話すわけではありません。

では、どうしてこのような役割語が生まれたでしょうか。かつての中国人が使っていたから?
この仮定は半分正解で、半分間違いです。

●欧米人も「アルヨ」と言っていた?
「アルヨ」の起源は幕末にまでさかのぼります。

1858年の日米修好通商条約を皮切りに各地に設けられた外国人居留地では、欧米人や中国人によって
生み出された独特な日本語が話されていました。助詞が省略されていたり、語順がバラバラだったりといびつで、
「アルヨ」もここから生まれた表現だとされています。

つまり、この時点では「アルヨ」は外国人に特徴的な表現で、中国人限定のものではなかったのです。

その後、大正から昭和初期にかけて、日本人は台湾や満州に入植。中国人と日本人の接触が増え、
このときもやはり上記のようないびつな日本語が使われました。特に満州国で用いられたこうした
日本語は「協和語」と呼ばれ、中国人独特の表現となっていきました。

そうして、「アルヨ」のイメージが「外国人の使う日本語」から「中国人の使う日本語」に塗り替えられたというわけです。

現在では、「~なのじゃ」と話す年配の人にはほとんど出会わなかったり、「~だわ」「~なのよ」といった
いわゆる“女性ことば”はフィクションの中でしか使われない表現になりつつあるなど、役割語の持つ意味も
変わってきています。「~アルヨ」のような画一的な表現は、今後見かけなくなっていくのかもしれません。

 

2: 名無し
~ニダ

 

3: 名無し
張々湖だと思ってた

 

28: 名無し
>>3
外国人のイメージから中国人限定に固めたのは張々湖であってるんじゃないか

 

4: 名無し
ゼンジー北京だろ

 

66: 名無し
>>4
これだな

 

6: 名無し
アルなんていわないアル

 

9: 名無し
俺はらんまに出てくる、呪泉郷の案内人のイメージが強いな

 

10: 名無し
~ですわ
って語尾に付けるのはお嬢様かコテコテの関西弁のにいちゃんくらい

 

21: 名無し
>>10
前者と後者ではイントネーションが違いますわ

 

11: 名無し
アイヤー

 

15: 名無し
>>11
書かれてたw

 

20: 名無し
>>11
アイヤーは普通に使ってるな

 

77: 名無し
>>11
生「アイヤー」を聞いた時は鳥肌が立った

 

13: 名無し
中国は広島生まれのゼンジー北京師匠ぢゃないん?

 

14: 名無し
006のせい

 

16: 名無し
戦犯は
006こと陳大人と
東京コミックショーじゃないかい?

 

17: 名無し
~アル
~アルネ
という変種もあるが…

 

18: 名無し
ナイアルアル

 

19: 名無し
ラーメンかなんかのCMからじゃねえか

 

22: 名無し
サイボーグ009 の006が始まりだと思ってた

 

23: 名無し
>>1
石の森章太郎に聞こうにも
もう鬼籍だしな。

 

24: 名無し
大阪の皆さん、
「儲かりまっか?」

 

26: 名無し
サイボーグ009の中国人のイメージが強い

 

27: 名無し
アグネスだろ

 

29: 名無し
アイヤーアルヨ

 

30: 名無し

今の中国人は使わないけど、昔の中国人は使っていた

だけなのにこんなに長い文章連ねる話かな…

 

39: 名無し
>>30
どこの異次元の話だよ

 

59: 名無し
>>39
協和語は異次元の言葉だったのか!

 

31: 名無し
「それは違うのことありますネ」は言う

 

32: 名無し
ゼンジー北京

 

33: 名無し
昔は結構、〇〇あるですね。とか言ってたぞ。
今は知らん。

 

34: 名無し
石ノ森章太郎のせい

 

44: 名無し
>>34
俺もそう思った。
サイボーグ009に出てくるデブの中国人サイボーグ。
本業は中華料理屋だったか。

 

53: 名無し
>>44
チャンチャンコっという支那人だったような。

 

57: 名無し
>>53
20代はおっさんですか(´・ω・`)?

 

35: 名無し
ポコペン?

 

43: 名無し
>>35
ぽこぺん、ぽこぺん、だーれがつっついた、ぽこぺん

 

53: 名無し
>>43
お俺と同じおっさんがいた!

 

36: 名無し
マジレスすると北京語の儿化音からだよ

 

46: 名無し
>>36
そういや北京出身や言ってたわ。40超えのおっさん
あ、でもその後に出会た中国人は違ったな 20代の女子

 

37: 名無し
である論調の教材が流行ってたとか誰かが教えてたんじゃね?

 

38: 名無し
うちの職場の中国人は
「デスヨ」ってよく使うな

 

40: 名無し
いや、中華料理店行ったら台湾人か中国人か分からんが
普通に「そうある」「それ違うある」って言ってたぞ。

 

54: 名無し
>>40
それ多分空気読める中国人

 

61: 名無し
>>54
自分も「あるよ」喋りの中国人に出会ったことがあったが
そうかあの人空気読んでたのか

 

41: 名無し
当然生身の中国人はこんな喋り方しないけど、ネットで知り合ったアニオタで日本にどっぷり浸かりすぎた中国人はたまにネタでアルアル言ってる

 

42: 名無し
アラレちゃんからと思っていた

 

45: 名無し

とりあえず日本語がおぼつかなくても、肯定と否定だけははっきりさせたかったのだろう

ないアルよ

 

47: 名無し

>「~だわ」「~なのよ」といったいわゆる“女性ことば”はフィクションの中でしか使われない

これは使うわ。おっさんだけど。

 

49: 名無し
テレビは「ニダ。」と言わずに「スミダ。」と言っているニダ。

 

50: 名無し
中国語話す人とSNSなんかでやり取りすると、有構文や完了形に有を使ったりするから、
やたらと有があるなと思ったし、表現を和らげる語尾を多用するから、
「有るネ」といった表現の元は中国人だった可能性は高いと思うが。

 

51: 名無し
ゼンジー北京アルね

 

52: 名無し
ゼンジー北京に言え

 

55: 名無し
90年代大量にいた、ちゃんと日本語を習ってない外国人は、~よをよく使ってたな

 

56: 名無し
アルニダ

 

58: 名無し
この店には偽物ないあるよ~

 

60: 名無し

シャッチョサーン
サービススルヨ

とか?

 

62: 名無し
犯人は藤村有弘だと思う

 

63: 名無し

職場の先輩宛にフィリピン人がTELがしてきて「昨日○○さんお店来る言ったよ!日本人嘘つきよ!」

言われたの思い出した

 

64: 名無し
( ◎ゝ◎)はせさん治

 

65: 名無し
アグネス
いいかげんちゃんと日本語しゃべれよ

 

67: 名無し
中国人が華僑として外国で商売するときに覚えやすく使いやすい日本語として
おいしい食べ物あるよ やすいあるよ と、何でも肯定的に強調する言語として
便利に使われたという説
後に何かの創作に使われて(マンガよりももっと前)広まった説などがある

 

68: 名無し
006、張々湖の所為

 

69: 名無し
レッドスネーク家紋

 

70: 名無し
サイボーグ009にいなかったか?

 

72: 名無し
バンサ=藤村有弘だろ

 

74: 名無し
藤村ありひろ をお前たちは知らない

 

75: 名無し
「~ざます」と言ってる人もあったことない。

 

78: 名無し
>>75
シェ~~~~~!

 

76: 名無し
語尾をアル化させる(儿化音)のが北京語
例えば、中国語でいくらですかは「多少銭?(ドォシャオチェン)」だが、
儿化音では「多儿銭?(ドォアールチェン)」となる
北京人がアルアル言ってるのを聞いて、中国人は語尾にアルを付けるって思い込んだだけのこと

 

79: 名無し
韓国、朝鮮人のニダは本当に言っていて
なんか凄かったw