1: 名無し
今年も異能と天才たちにまばゆい光が当たった。スウェーデン発、ノーベル賞だ。国別受賞数では米国が断トツの345と2位イギリスのざっと3倍。7位のわが国も大したものなのだが、巷では基礎研究の足腰に陰りが見えるともっぱらの噂だ。ところが、灯台もと暗し。探せばいる、いた。21世紀のニッポンを支える天才、異能の面々が。その一人を紹介する。

物理学の中でもっとも難解な分野の一つとされる量子力学。興味を持ったのは9歳の時だった。

「スティーブン・ホーキング博士など物理学者が書いた本に出合ったのがきっかけです」

都内の私立高校1年の近藤龍一君(16)。12歳の時に、『12歳の少年が書いた量子力学の教科書』(ベレ出版)を書き上げた。専門家でも難解な量子力学の本を12歳で書いたのは最年少という。

無類の本好きだ。幼少期からあらゆる学問分野を読みあさり、例えば世界史のような遠い世界に興味があった。中でも、不可解で現実の常識がまったく通じない量子の分野は、究極の遠い世界だった。

この不可解なものを理解したい──。10歳で量子力学の独学を始めた。その過程で、入門書と専門書の間に位置する量子力学の本がほとんどないと実感。中学受験の翌日から執筆に取りかかり、夜から朝にかけて4~5時間、220日をかけて一気に原稿用紙400枚以上にまとめた。心掛けたのは、入門書と専門書の「懸け橋」になる本、だ。

「ミクロの物質は粒子の性質と波動の性質を同時に持つなどという、量子力学のミステリー性をできるだけわかりやすくしたいと思ったのが一つ。それと、半導体やICなどのハイテク分野はすべて量子力学の産物です。量子力学が完成して100年近く経ちますが、現代科学に立脚する基礎科学として一般常識のレベルにまで普及してほしいと考えました」

本を出してくれる出版社探しに3年かかり、今年7月にようやく出版。テーマは難解だが幅広い年代に好評で、すでに5刷。受験生のため今は学業優先としながら、素粒子物理学を独学で研究している。

「素粒子物理学は量子力学の延長線上にありますが、紀元前から人間が追い求めてきた、万物の根源は何かという最終的な答えを導くものです。その点で言うと、素粒子物理学は物理学の頂点。そこに惹かれます」

将来の目標は「もちろん理論物理学者」で、重要な発見ができ、いい教科書が書けて、いい講義ができる研究者になりたいという。

「それが人材を育成し科学を発展させることにつながります」

若き頭脳はすでに、100年後を見据えている。(編集部・野村昌二)

http://cdn.images-dot.com/S2000/upload/2017101100074_1.jpg
https://dot.asahi.com/aera/2017101100074.html

2: 名無し
英語脳だな

4: 名無し
爬虫類系の御尊顔を拝して光栄の砌w

つか想像を裏切らない容姿で嬉しい。
天才で有り続けて年を重ねて欲しいな。

理論物理は金がかからず、一人でできるから、国力とはあまり関係ないという話を聞いた事がある。
湯川博士もノートがあれば研究出来るから選んだとか。

まあマジで頑張ってもらいてえ。

8: 名無し
>>4
>理論物理は金がかからず、一人でできるから

湯川の時代とは違うきがするなあ
実験よりは安いというレベルにすぎん
同僚と議論せずに研究は進まんよ

5: 名無し
20超えればただの人だな。

俺も昔は神童と言われたが、今ではただのキモオタだ

7: 名無し
単なる馬鹿、東大に入って見せろ、

9: 名無し
書を捨てて街へ出よう

10: 名無し
>いい教科書が書けて、いい講義ができる研究者になりたいという。

教授が言うのような発言でワロタww

11: 名無し
「十で神童十五で才子二十過ぎれば只の人」

無類の本好きというなら、当人も知ってはいるだろうな

12: 名無し
直に褒める奴がいなくてワロタ

16: 名無し
>>12
この手の神童が大成する例は稀だからしゃーない

19: 名無し
>>12
著書を読んだことがないからしかたない。
読まないうちから誉めるのは無責任なおべっかじゃないかい

13: 名無し
インプットしたのをアウトプットしただけ。新しく創造しないと天才とは言えない。

14: 名無し
量子力学はいくら話を聞いたり調べたりしてもモヤモヤが晴れない
なんなの

23: 名無し
早熟系の天才が科学技術で大きな成果を収める事は少ない。残念ながら

>>14
量子力学が分かったという奴は大嘘つきである、と有名な学者が言っていた。
そんなもんだ。そもそも波動関数自体が何なのかという事も分かっていない。
時間微分がエネルギーに関与し、空間微分が運動量に関与し、2乗絶対値が
確率分布を表していると考えるとつじつまが合う。でもその理由は誰も知らない

30: 名無し
>>23
いつか皆のモヤモヤを晴らすようなすっきりした説を展開できる人は出てくるんだろうか
出てきたらすごいことになるよね

36: 名無し
>>30
知覚できない世界を認識するのはとても困難だよ

37: 名無し
>>23
そもそも、古典力学の延長線上にはないのだから
あの数式は間違ってるのだよ

44: 名無し
>>23
「ある現象を理解している」というのは、その現象を誰にでも簡単に理解させることができた状態のことを言う。
しかし私は5歳児にスピンを理解させることはできない。
だから私はスピンを理解しているとは言えない。

といった学者がいるというのを何かの本で読んだんだけど、
この学者が誰か知らないかな?

46: 名無し
>>44
>「ある現象を理解している」というのは、その現象を誰にでも簡単に理解させることができた状態のことを言う。

じゃその現象を理解させてもらった誰もが、さらに別の他人に簡単に理解させることができるってかwww

ねーよ

17: 名無し
> 万物の根源は何かという最終的な答えを導くもの
そうなの?宇宙の表面なぞってるだけじゃね?
伸張されたデータ世界側からは、非可逆圧縮で絶対暗号化された実態には
結局、届かないんだ、根源には届かないんだということの証明じゃないでしょうかね。
まあ、それを逆手に取った量子暗号化技術とかには実用性あるけど。

18: 名無し
伊能忠敬

20: 名無し
持ち上げるのは

ノーベル賞級の大発見してからでいいよ

21: 名無し
アカヒに潰されるな

22: 名無し
まあ、出版に3年かかったというのが、天才ではなさそう。
誰もがうなるような出来ではなかったのだろう。

24: 名無し
 
軍儀王、一度負ければただの蟲

25: 名無し
>>1

どうなんだろう。

この少年が、本当に「量子力学」について理解しているなら、
今の時点で、「本を書く」という余計なことにエネルギーを使わず、
量子力学のさらに高見を目指すべきではなかったのか?

かつて数学において群論を十代で創設した天才ガロアのように、
現在の量子力学には、まだまだ未解決の研究課題が数多くある中で、その研究に今の頭脳を使う方向に持っていったなら、
日本どころか世界の業績として多くのものを成し遂げられると思うのだが。

26: 名無し
>>25
そっとしておいてやれ
もう少ししたら、泣きたくなるくらい消したい過去になってるかもしれないし
小学校のときに、親戚が芸能人だと自慢した自分を殴りに行きたいもの

27: 名無し
自費出版なら誰でもできるが、今回のように出版社が認める内容の本を書くことができる
奴て非常にすくない、まして5刷まで行くとなると、この時点で大成功じゃん。
2ちゃんのような否定的な事しか言わないクズってイヤだねぇ~~ww

28: 名無し
よんだけど、数式ばりばりじゃーん。
量子論の啓蒙書から一歩踏み込んだ本になると急にレベルが上がるから困る。
この本に期待したけど、やっぱり数式ばりばり

29: 名無し
「量子力学を理解できる奴なんていない」byファインマン

アマゾンレビュー辛口ばかりだな
まあ、これに1700円払って外れだったら文句もいいたくなるわな

31: 名無し
知り得た謎と思うことに、自発的に追求に取り組もうとする姿勢は、
かつての自分を思い出させる。氏の出す謎の答えを期待しようぞ。

32: 名無し
すげぇ・・・
努力家なのか天才なのか分からんけど

そもそも量子力学をなんとなくじゃなくて、本を出すレベルまで理解できる
それも中学生?ってのが凄まじいな

34: 名無し
解説書を書ける頭脳と、発見する頭脳は、違う。むしろ排反だったりする。
天才科学ライターであることは間違いないが。

35: 名無し
若き天才ブーム

38: 名無し
なぜ12歳の出版時点ではこういう宣伝されなかったの?

39: 名無し
普通に凄いな

40: 名無し
400枚以内にならともかく”以上にまとめた”という表現に違和感を感じる

41: 名無し
例えばご近所さんとの付き合い、
例えば国政選挙、例えば各国の内紛、
そういうもので説明してくれたら解るかなあ

42: 名無し
本の整理の仕方が美しい…
綺麗に分類出来るだけでも凄いわ
ただ地震の時には気を付けて欲しい
自分は大震災時本棚の本がみんなぶっとんで以来こういう丁寧なことをやる気がなくなってしまった

43: 名無し
うおおおおおお、国の宝じゃ

45: 名無し
波動関数とか存在確率とか、まるで腑に落ちんのだけど、
この少年の書いた本読めば理解できるかねぇ?

コンビニコミックみたいな装丁の『図解○○』とか
女の子のキャラクタが出てくる『マンガでわかる××』の
レベルじゃあるまいな。