1: 名無しさん@VIP ID:A3a5h0Kd0
例えば12時ちょうどに時計を見たとする。
見るってことは光が時計に反射して12時を示した光として目に入ってくるってことだ。
この時観測者が光の速度で時計から遠ざかったら、12時を示した光をずっと観測することになる。
そして光速度を超えた時、11時59分59秒の光を観測することができる。


2: 名無しさん@VIP ID:9lMeY9nTF
これにはアインシュタインもびっくり

3: 名無しさん@VIP ID:Bi8nhXR6d
光より速いと相対的に未来に行けるじゃないの

5: 名無しさん@VIP ID:MgJM/hbQ0
すげー遠くに行っちゃうね

9: 名無しさん@VIP ID:ykPDOKuU0
そもそも物体って光速超えられるの?

14: 名無しさん@VIP ID:hlAIRusor
>>9
人を粒子サイズにしたら可能

13: 名無しさん@VIP ID:YKPWCYJ40
>>9
できる
光を向かい合わせに逆走させればいい

11: 名無しさん@VIP ID:A3a5h0Kd0
>>9
無理
そこまで加速するのに無限のエネルギーが必要になる

10: 名無しさん@VIP ID:sqTnV0nu0
音速超えると音があとから追っかけてくる
高速を超えると通過した景色が追ってくる
追ってくる景色は逆順になるけど「開始時点より過去」や「移動途中にない景色」はどこにもなくない?

12: 名無しさん@VIP ID:A3a5h0Kd0
>>10
ごめん言ってることがよくわかんないや
どこに観測者がいるのかもよくわからん

15: 名無しさん@VIP ID:HcXXGdM50
よく分からないけどそれは光が届く前の光景を見てるだけで時間はどこにいようが同じなんじゃないの?

17: 名無しさん@VIP ID:A3a5h0Kd0
>>15
>よく分からないけどそれは光が届く前の光景を見てるだけで時間はどこにいようが同じなんじゃないの?

その通り
時間はどこにいようが一緒のはずなのに、光が届く前の光景を見られるという摩訶不思議

16: 名無しさん@VIP ID:VIZiSHQV0
なんであれ理解不能な現象だよな
既に過ぎ去った時代に戻るとかまだ発生してない未来に行けるとか冷静に考えてぜってえおかしい

18: 名無しさん@VIP ID:xW10TQbMM
過去に戻れるんじゃなくて過去を観測出来るじゃないの

21: 名無しさん@VIP ID:A3a5h0Kd0
>>18
それは同義だと信じている

22: 名無しさん@VIP ID:xW10TQbMM
>>21
それだと観測してるもの全てが過去で異なる時間ってなりそうなんだけど

19: 名無しさん@VIP ID:YKPWCYJ40
過去は記憶の中にしか無いから過去には行けないよ
未来なら自分がフリーズしとけばいいだけ

23: 名無しさん@VIP ID:YKPWCYJ40
星を見て
過去を見てると言うかどうか

25: 名無しさん@VIP ID:gashdxHF0
>>1
お前が光の速度で遠ざかっても光はお前から見て光の速さで動くからその考え方は間違い

26: 名無しさん@VIP ID:y6Vp5HQl0
光速度不変の法則とかいう投げやり理論なかったっけ

27: 名無しさん@VIP ID:+No8MEQ60
お前らだって光が目に入ってから処理されるまでのラグでちょっと前の世界を見てるだろ

28: 名無しさん@VIP ID:dIJfdKp60
本当に時に「進む」とか「止まる」とか「戻る」って現象は存在するのか?
「時」というのは自転と公転から想像された概念に過ぎないのでは?

31: 名無しさん@VIP ID:y6Vp5HQl0
>>28
世界五分前仮説で似たようなこと言われてるよね

29: 名無しさん@VIP ID:9LgmV8k6a
秒速百億光年だとどんな感じ?

引用元: http://hebi.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1564601495